FC2ブログ
遣る瀬無さと気持ち悪さと余りもの酷さがお送りする徒然日記。超個人的などうでもいい話やレビューなど
4月30日


半年前にも歯の掃除で歯医者に行ったのですが、今月も行ってきたんですよ。

そしたら歯周ポケットの検査で、右下に6mmの深いところがあったんですが、

今回の検査で何と4mmまで戻っていたとの事。歯磨きは大事だね!

代わりに左上に一つ虫歯なりかけができていたそうですが。歯磨きは大事だね!!

電動歯ブラシは本当に便利だなと思った次第です。

3月5日


歯医者へスケーリング(掃除)にいってきたところ、

右下6番の虫歯が若干進行c1になっているとのこと。アッヘー。

しかも歯肉溝が4mmと6mmが一個ずつあるとのこと。ぐあー。

更に「右下1番を強く磨くと沁みるなー」と思ってたら、根が見えてる所為だった。

泣きたい。

ただ歯の動揺は一切ないみたいで、酷い歯石もさほどないとか。よー分からん。

個人差はあるとはいえ一般的には6mm前後となると要治療の歯肉炎らしいけど、

「丁度シュミテクトの試供品があるから使ってみてね」で手術云々の話は無し。

2年前にもあった虫歯はまだ経過観察でも良いみたいなので放置。

見えてる根に被せ物をする話も出たけど、歯磨きで改善の可能性があるらしいので放置。

シュミテクトでどれくらい改善するかだなあ。

しかし「2年前と比べて悪化はしていても急激な変化は無い」と言われたけど、

2年前と比べて随分と予約が取りやすくなった不思議

今までは一週間前後は予約で埋まり待合場には必ず人がいたのに、

今回は二日後に予約が取れて待合場では誰も待ってなかった。

何かあったのかと勘繰ってしまったけど、偶々なんだろうなきっと。

3月はまだ寒いから皆も4月に行くようにしてるのかもしれない、エルみたいに。

本当に寒いから困る。









過去の書き込みを読み返したら「下両2番は神経の根が近いから染みやすいかも」

ってちゃんと言われてた。漢字間違えてた上にすっかり忘れてた馬鹿なエル。
10月22日


歯科「右上7番だけど、特に異常はないねえ。尖ってる部分があるから間違えたんじゃ?
   歯磨きもちゃんと出来てるっぽい。下両2番は神経の根が近いから染みやすいかも」


大丈夫だったようです。

歯ブラシを電動に換えてからもちゃんと磨けてるみたいだし、よかったよかった。

それだけの為に650円飛んだけど。
4月9日 2


皮膚科を終えて次は歯科へ。

歯科といえば痛い思いばかりで気も重くなる相手ですが、いかにゃもっと痛い。

まずは検査の為に画像撮影。これが402点と中々お財布に痛い。

次に歯槽膿漏検査・・・・細い棒を歯茎に突き刺し、どれくらい深く刺さるかを調べます。

深く刺さると結構痛いのですが、右下のどっかが5mmとでました。割と危険領域です

お次にスケーリング・・・・歯石除去です。小さい器具から高周波音が聞こえて耳に響く。

弱ってる部分なのか衛生士が下手なのか、時々歯茎が痛む。ていうか痛いよ

やっぱり痛い思いをしなければならないこの悲しみ


医者「前にあった微妙な虫歯は特に変わりないよ。ただもうちょっと歯磨き頑張ってね」


つまり悪化ってことですね

料金も4千近くと、身も心も財布にも痛い思いをさせてくれました。アハハ。




お次は眼科。特に面白い事も無く点薬貰って終わりなのでカテゴリ作らず。




眼精疲労の為にいったけど、まずは視力検査。

どうせ0.2とかだろう、と思ったら0.9って言われた。昔は2.0くらいあったんかな。

最後に調剤薬局に行って薬を購入。今日の出費は計10500円。

この500円は消費税だろうか? うまい具合に500円入ったな。

・・・・出費がいてぇ。稼ぎ~稼ぎ~。
3月9日

一週間前に予約していたスケーリングに行って来たのですが、予約時間はなんと19時

診察時間は19時半までなので、かなりギリギリです。大丈夫かよ

それはさておき、飯を食って歯を磨いて風呂を洗ってさあ行こう・・・・

出発した後に気付いたけど、鼻毛剃るのまた忘れてた。モジャッ



特に面白い出来事も無く、2700円ちょい無くなって帰宅。

さあ風呂に入ろう・・・・沸かすの忘れてた

そのうち本当に「あれ、飯食ったっけ」ってなりそうだよ。
9月16日

医院に行こうとしたら自転車の鍵が見つからない。さがしまくって10分遅刻

帰ってからも探しましたが、どうやら無くしたようです。なきてえ

それはさておき歯石除去は恙無く終了。つつがなくってこう書くんだね

ただ・・・・気になった点が一つ。

初診料218 歯科疾患管理料110 歯科衛生実地指導料80 歯周基本検査250
スケーリング64*1 1/3顎加算スケーリング38*5


以上が今回の内訳となります。しめて912点・2740円也。

きついぜ!?

予想よりなんか高かったので、ぐぐって報酬点数表を調べてみました。

すると何かこー歯周基本検査歯科衛生実地指導料がエル的に引っ掛かったので、

先程歯科相談所で質問しておきました。どんな答えが返ってくるやら?







昨日p4fのスレにて、p4f公式のお知らせ翻訳が張られていましたが、

ランプアック必要経験値上昇+クレジットボーナス廃止+ラウンド終了時クレジット報酬減額

というナイスなブラックジョークだったそうで。

p4f完全に終わったなこりゃ

もう見込み無いわ、最初から悪い悪いとは思ってたけどここまで酷いとは。

と言う訳で今月末を以ってp4fの更新を停止する事にします

その間に階層3がくれば更新しておきますが・・・・ぜってーこねえな

というかこんな事したら人離れるの判りきってるのに、何やってんだか。
9月6日

エル「あのさー、スケーリングの予約欲しいんだけど。」

受付「ちょっと衛生士が最近込んでてねえ。10日後の夕方になるよ。」


人気ありすぎだろ・・・・
4月19日

雨。

もう予想通りというか何と言うかね?

前日にも雨が降ってたし梅雨だしなんだしで、何も言う事無いわ。

それはさておき歯医者の日です。そして整形外科とシャンプーの購入もしないといけない。

意外とやる事が多い訳ですが、世間様から見れば大した事ねーよなあ。

取り合えず雨が降ってるので自転車は使えません、例の通り徒歩です。

「自転車つかいてーなー!」と思いながらの出発ですが、

天気予報の雲の動きを見てみるに、ジャストタイミングの雨雲の動き。

それに既に降っていたので自転車の使用は危険と判断。まあ小雨でしたけどね。

15時半前後に家を出て到着したのは39分、いやあ近いっていいよね

なんてったって前は50分前後掛けてたからね。

余り待たされる事も無く診療台へ。

前回とは違う診療台だったのですが、ここの診療台というか診療室にはハンガーが無い。

場所によって違うのかーと思いつつ上着を用具箱に置いていざ治療開始。

とそこで気付く。なんとコップを置いてある台が、診療台の昇降に連動して動いてる。

すげえ! コップが動いてるよ!!

まあ水は一定量出すタイプらしく、コップに水が溢れて床に零れてましたが

まあ別にそんな事はどうでもいいんですよ。

それより治療中に水が飛んでくるの何とかして欲しい。冷たいよ真面目に冷たいよ。

以前のとこでは治療前に目にタオルをかけてくれてたので、それ頼もうかと思ったくらい。

結局頼まなかったけどね。



女医「今日でスケーリングは終わりですねー。」

エル「じゃあ次は歯槽膿漏の治療お願い。」

女医「特に必要ないかも。

エル「えっ、無いの?

女医「特に炎症も見られないし、歯肉炎手前くらいだからねー。」


どうも3や4では大丈夫のようです。記憶違いせつねえ。

そうかだから前の歯科では「した方がいい」って言われなかったんだな。


「えーこれが口の中の画像です。ホワイトニングしたみたいに綺麗になりましたねー。」


や、それはちょっと言い過ぎじゃないですかね。

笑いながら言うのは自信があるのかそれともセールススマイルなのかは知りませんが。


女医「ただ着色が取れて無いところがあるけど、これはc1レベルの虫歯ね。」

エル「えっ。」

女医「これらを除去するのはちょっと大掛かりになるし、経過観察の方がいいかな。
   三ヶ月に一度くらいの頻度でメンテナンスした方がいいと思うよー。」


虫歯怖い虫歯怖い。チョコレート怖い。



無事に治療を終えていざ会計。


「えー次は三ヵ月後に予約を取りましょうか。」


わざわざ言ってくれるのか。言われるとは思って無かったよ。


エル「ちょっと判らないですねー。」

受付「じゃあ7月に都合が合えばどうぞ。」


診察券に7月って書かれた。一年毎って決めてたんだけどなあ。

まあ別に予約を取った訳じゃないので自由なんですけどね。



歯槽膿漏の治療は無しという予想外の事態は兎も角、次は整形外科。

どうも腰が変というか、右ーの方に鋭い痛みが発生する事があるのが悩みの種。

本当なら隣町の少し遠いところに行こうと思ってたけど、

「どうせ大した事じゃないだろうし面倒だからいいや」と思って同じビルにある整形外科へ。

実は目前に整形外科があるっていうね。それもネットでhpを確認したとこです。

さていざ入ってみると・・・・客いねえ。

広々とした空間に多めの椅子がシュールさを誘っているようです。

問診表を書き終えて待ってる時に一人だけ見ました。因みに最後まで他の客を見てません

・・ま、まあたまたまなんだろう。整形外科自体利用率が低いのかもしれない。

そんな事を考えながら受診・・・・。結果、特に何も無かった。

何も無いとは思ってなかったZE。

強いて言えば身体の骨格が直線的なので腰痛になり易い身体になってるとのこと。

なきてえ。

痛みや炎症を抑えるセレコックスとフェルビナクテープ、筋肉の緊張を取るミオナールを貰って終わり。

こっちはこっちでなんか拍子抜けだなあ。



歯科も外科も終え、後はシャンプーの購入だけである。

以前から気になっていたちふれアミノシャンプー。そのちふれ取扱店が近くに3件。

と言う訳で隣町・・というかもっとも利用する街まで移動。

既に雨は止んでたりするムキーー自転車ー!!





結果、売ってなかった。ムキィーーーーーッ!

因みに「もしかしたらエルが見逃したのかも」と思って引き返したりしてるので、

たったこれだけの事でも物凄い時間が掛かってたりする。

自転車だったらどれだけ早く、楽だったか・・・・

どうでもいいけどパンネルが何時の間にか選挙事務所になってた。何かショックだったよ・・

しかし売ってないものはしょうがない、のでイズミヤシャンプーを買いにイズミヤへ

更に隣町へ移動、この時点で空の夕陽は陰ってます。というか暗くなってきてる


足いてえー足いてえー!


イズミヤ遠いよぉー!! 自転車くれぇーっ!



足がっくがくになりながら何とかイズミヤに到着。いやホント真面目に足痛い。

「明日は筋肉痛だな」という予感が物凄い訳ですが、それはさておき4階へ。

先ずは一通り商品を見て、念の為にとちふれのシャンプーが売ってるかどうか聞いてみた。


「ありますよ、こっちに。」


あった。マジっすか岡村さん。イズミヤとかノーマークだったよ。

隅の下の棚に、化粧品と一緒に置いてあった。みつけにくっ。

しかもエルは「ちふれ」と思ってて「TIFURE」とは思ってなかった。

これだけ条件が揃えばそりゃ見つかる訳が無い

因みに値段は計算してピュアナチュラル500mlの倍以上ですが、お構い無しに一つ購入。

詰め替え用も売ってたけど、その前にイズミヤシャンプーも使ってみたいので保留に。



さて、ボロボロになりながらも何とかお目当ての物を手に入れたエル。

既に空は暗くなってます。早く寝たい。

というかシャンプー一つ買うだけで何やってんだろうねエルは。

しかも帰りは近道をする為に、物凄い長い坂と階段を上る事になります。

足がっくがくのエルは傘を杖突いて上りました。ヒッチハイクしたい。

余りに辛いので途中で突撃ラブハートをスローテンポで歌ったのですが、

少し先に人がいたので直ぐやめました。後でセブンスムーン歌ったけどね。

坂が段々緩やかになってきたところで選挙カーが通り過ぎる。

おいおい目の前で傘を杖にヨレヨレになってる人間に手を差し伸べず

逆に手を振って通り過ぎるとか何事ですか。あなたは民を慈しむ気があるのですか?

目の前の人間を助けずして何が選挙ですか馬鹿馬鹿しい

あぁー歳は取りたくないなあー!

なんてヨレヨレになりながら歩いてたら、さっき通り過ぎた人に越された

ふぉっふぉっふぉっふぉ。若者よ、そんなに急いで何処へ行く。

おしえーてくーれせーぶんすむーん・・この、足のガクッガクーをーぉ・・・・





帰って来たのは19時過ぎ。風呂飯ブログでこんな時間

ナンダカナー。
4月8日

結局何ら問題なくpc動いてます。憎むべきはpbか・・!?





歯医者行ってきました。雨の中。

何でこう都合悪く雨が降るんだよ・・・・

エルに人物特性があれば確実に不幸がついてます。なんかこんなのばっかりだし。

当然勇者適正はマイナスで神界転送なんか出来ません

それはさておき小雨だしまあ近いからいいっちゃいいんだけど、自転車つかいてえ・・

なんて考えながら到着。結構通ってた道なのにその存在に気付かなかった歯科医院。

さて問診表を記入して待つ事数分でお呼ばれ。

診療室に入る前にスリッパに履き替えて・・・・扉の目前の診療台にご案内。

丸見えじゃん。半個室も何もあったもんじゃねえ。

「こちらになりますー」って言うから座ったら「レントゲン取りますのでこちらへー」

座った意味ねえ。先にそっち案内して下さい。

レントゲン取る時、機械に鏡がついているんですが、ここで鼻毛が覗いて見える事に気付くエル。

この間剃ったところなのに!

しかも髭も少し長いのがありました。エルは剃るのが苦手らしいです。どっちも機械だけどね。

レントゲンも無事終えて先程のエル丸見えてんこ盛りの診療台にて院長のご登場。

軽く会話を交わしてまずは口の中をチェック。そして歯槽膿漏もチェーック。

以前通っていた歯科で歯槽膿漏があると言われていたので、

あやふやな記憶で「左上が危ないかなー」と思っていたのですが、

どうも右上にレベル4があるようで・・・・。確か3から注意じゃなかったかな、ぐぐっても出ないしうろ覚えだけど。

兎にも角にも歯石除去、歯槽膿漏の治療の前にはまずこれである。

掃除する機械が歯ではなく耳に沁みるのが困りモノでしたが、

ちょっち痛い時があったくらいで特に問題なし。

あったとすれば「汚れが酷い」と言われたくらいかなあ?

最中に気がついたのですが、上着を掛けるハンガーは兎も角なんとティッシュや毛布が置いてある。

しかもコップに水を入れるあの機械、なんとコップの内容量が規定量まで水を入れてた。

以前の歯科医院ではコップの規定量まで出すのではなく水を規定量出すので、

コップの中が余ってるとたぷたぷどころか溢れて零れてました。

なんかすげえ! なんかすげえ!

どうでもいいところで感心するエル。ただのあほの子。

因みに暖房で暑かったので毛布は使いませんでした。ティッシュは今後使わせて貰うかもしれない。


「写真取りますねー。」


え、それってもしかして別途費用掛かるんじゃ・・・・


「口開けてくださいねー。」


何か口開けるというか押させる機具で口を引っ張られる。

痛い痛い痛い痛い痛い痛いっ!!

無理無理無理無理無理それ以上伸びないそれ以上伸びない!!

いや引っ張るところ変えても痛いの同じだって痛い痛い!!

余りの痛さに涙出た気付いてくれたかなあ?


「えー今日はここまでです。」


え、終わり? 問診表の『時間掛けていい』にチェック入れたんだけどなあ。


エル「あのー汚れが酷いって事は、歯磨きが下手って事?」

衛生士「歯石はそんなに多くは無かったけど、それより着色が酷いよ。
     次回かその次までに何とか除去するよん。」


何か予想以上に長丁場な予感。

因みに歯槽膿漏の説明は一切無し。院長と話したの一回だけだし・・その時に聞けばいいか。

取り合えず診療室から出て受付へ。

おや、衛生士の方がエルを手招き・・・・あ、靴履き替えるの忘れてた。

前のとこは受付の時点で履き替えだったから勘違いというか普通に忘れてた。


「会計3360円になりまーす。」


画像診断402点やっぱりか!


「えー衛生士の方が忙しくて、予約は19日の4時以降になりますが。」


一週間以上もあるよ!?

だから今日はあれだけで終わったんだな、一応納得。



はてさて今日の歯の治療は終了、次は整形外科・・・・なんかめんどいなあ

めんどいだけならいいんだけど、自転車ないからなー。

次でいいや。どうせ予約制じゃないだろうし。

本当ならその足でちふれ取扱店に行ってちふれ製シャンプーを探したかったのですが、

自転車ないからいいや。

まあ次出る時も雨降ったら泣くしかない訳ですが。梅雨時だし。





そういえばいい加減歯の痛みが我慢出来なくなったのが去年の今頃なんですよね。

んで阪急宝塚駅近くのところにいったら、麻酔が全然効果なくて治療も睡眠も出来ず、

ちょっと遠出したところにいってもやっぱり痛くて仕方が無くて、

そうして以前の歯科を見つけてやっとこさ治療を終えたのが秋っていうね。

何この金と涙と狂おしさが織り成す壮大なストーリー。

というかあれからもう一年ですよ、早いもんだよ。何か怖いどころか腹立つよ

俺のこの遣る瀬無さをどうしてくれる。
9月22日

あーーヨーグルトうめーわー。





親知らずの抜歯、全工程終了。本日をもって歯科作戦を終了する。

いやーやっと終わったよ。半年近くかけてやっとだよ。

まあ銀歯の寿命で5年8年もしたらまた行かないといけないんだけどね

皆も虫歯には気をつけようぜ!

これだけで終わるのは流石にどうかと思うので失敗談を一つ。

地下鉄の改札を通ろうとしたら通るなぼけぇエラーを吐かれた

しかしラガールは普通に使える場所だし、残金も十分残ってる・・何故?

気を取り直してもう一度入れてみると普通に通れた

何だったんだよ・・・・



エルが予定していた時刻よりも10分ほど早く到着して抜糸だけしてもらって帰宅

抜糸のためだけに交通費1000円近く消費するのもなあと思いつつ改札へ。


改札「とおんなぼけぇ。」


またかよ。お前はそんなに俺の事が嫌いか。

いや、まてよ。もしかしたら・・・・

ラガールの向きを変えていれたらやっぱり通れた俺の所為じゃん。

というか細かいよ、矢印の書いてある方でもない方でもどっちでもいいじゃん

それともあれか、あの改札はツンデレなのか?


改札「ちょ、ちゃんとカードを矢印の方から入れなさいよ馬鹿!
   そう、それでいいの。なんだ・・やればできるんじゃない///


新ジャンル「萌え改札」の誕生である。

何言ってんだエルは。
9月16日

ディアブロ2がラダーリセットだそうで。

やっと装備がそれなりになってきて、トレハンキャラも育ってきたところなのに。

たったこれだけで薄れていた意欲が空の彼方へ素っ飛んで行った気分です。

次はドルイドやるかなー?





行って来ましたよ抜歯に。痛くて痛くてたまらない。

予約時間は10時だったので9時前に出れば間に合うのですが、

朝目がさめたのは6時過ぎ、早すぎだろ眠いわい。

しかし一度目が覚めてしまうと眠れなくなってしまうのがエル。

本当は食事を取ってはいけないのにヨーグルトを食べる

というのも静脈内鎮静法によって抜歯を行なうので、

AMSから光が逆流しないよう術前4時間は食事を取ってはいけない水分も控える。

まあ消化さえしてればいいんだからヨーグルトだし大丈夫だろうと食べた訳です。

別にフラグでも何でもないんですけどね。

どうでもいいけどラガールカード探してたら小物入れの中に表札はいってた



いやしかし麻酔科が小児歯科と同じ階にあるだけあって小さい子供ばっかり

アニメが常時流れてるだけあってエルのような年頃の奴は一人もいない。

エルは別に小さい子供に興味深々な危ないお兄さんではないので問題は無いのですが、

8割が子供連れで1割はご老人、明らかにエルの存在が浮いてますな。

その中で正史三国志を読むロンリーウルフ。絶対浮いてる。

いやまあ別にどうでもいいんだけどね。

因みにtvからはハイジとロッテンマイヤーという名前が聞こえてきましたが、

別に誰も見てませんでした。



そんなこんなので余り待たされる事もなく診療室へ。


「今日何か食べました?」

「えーとヨーグルトを6時過ぎに。」

「判りました。」


本当は6時45分くらいに食ったんだけどね。

内容は左右の位置が変わっただけで親知らずの抜歯するという事に全く変わりはないので、

「何されるんだろうなードキドキ」という事もないのですが、

静脈内鎮静法なので注射を刺さなければなりません、これが凄く嫌。

いやもう本当これさえなければ何の憂いもないのですが、

刺さない事には始まりません。こわいようこわいよう。

因みに前回「術前に表面麻酔して注射の痛みを和らげる事って出来ませんかね。」

と聞いておいたのですが、殆ど効果はないので意味ねえと言われました。

まあ手の甲だしなあ。プスッ。

うわーん痛いよう痛いよーうぼーよみ。

早くも帰りたくなりましたがここはぐっと堪えて・・・・



あの、口内が滅茶苦茶痛いんですけど

何かこう引っ張られるというか広げられるというか、兎に角痛い。

前はこんな事なかったんだけどなあ、手の注射の痛みばっかりで。

今回は困った事に口の中まで痛む、って最悪じゃねえか。

幸い意識が朦朧としている為時間の経過も判らずにいられたのはよかったのですが、

何か痛い思いばっかりしてるなあ・・・・

手術が終わってすぐ余っていた痛み止め(ボルタレン)を一錠服用して終了。


「すんげえ痛かったんすけど麻酔使いました?」

「結構使っったんだけどねえ・・」


あれでかよ、なきてえ。痛いよう痛いよう。

この時に出血した際に使用するガーゼを貰ったのですが、前こんなの貰わなかったぞ?

以前は確かうがい薬だったはず・・・・


「その時はそうしただけ、今日はこうしただけ。」


納得していいのか悪いのか。

さて時計を見てみると12時半、予約は10時なので二時間以上経ってたらしい。

それだけの感覚が全くないのは凄いよね、流石静脈内鎮静法だわ。

知らない人に説明しておくと、意識が朦朧とする薬を体内に投薬し続けることによって、

手術の恐怖感やぐだぐだ感をかなり緩和するというもの。

但し麻酔ではないので手術に必須となる方法ではありません。

飽くまで頭をぼーっとさせるだけのものです、全身麻酔とは別物です。




帰宅途中のどうでもいい出来事その1、地下鉄利用中の時の事。

電車が来るのを待っていたのですがこれがまた中々人が多い。

二列で並んで待っていると右隣におっさんが何食わぬ様子で並ぶ。

そこに待ってる人用の線は引かれてませんぜおじさんよ。

ちゃんと線が引かれてるんだからそこに並べよ、一人で堂々としやがって。

都会人はマナーに欠けるから嫌だわー、降りる人そっちのけで扉の前を占領したり。

しかしいざ電車が来ると左から押されて列からはみ出された

酷くね? エル何も悪い事してないよ。


「○○日はノーマイカーデーです、駅や市バスをご利用下さい。」


いやそこは好きにさせろよ、割引してくれる訳じゃないんだろ?

市が通勤シャトルサービスでも実施してるのか?

それより大阪なんだし若者の夜間外出禁止条例施行しようぜ!



帰宅途中のどうでもいい出来事その2、シェイク。

うちの近くにあるマクドナルドにはシェイクが売ってません。

その近くにあるモスバーガーのシェイクは飲みにくいし美味くもない。

シェイク自体は好きなので朝食抜きだし水分もあまり取ってないしで、

何か飲もうと思い梅田駅の直ぐ近くのマクドナルドでチョコレート味のシェイクを買ったのですが、

袋に入れてくれなかった。

シェイク単品購入なのがいけないのかそういうシステムなのかは知りませんが、

お陰でそのまま手に持って電車に乗る破目に。紙袋でいいからくれよう。

その前に飲み干せばいいじゃんと思うかもしれませんが、勿体無いじゃん。

喉が渇いていたので車内でお構い無しに飲んでいたのですが、

麻酔が効いてて味がよく判らんというとんでもない事に気付く。

んでもあんまり美味くなかったなあ、血が混ざってたのかも知らんけど。



やっと家に到着し飯を食ってると・・・・いてえ、抜歯したとこ滅茶苦茶いてえ。

追加で痛み止めを飲んで何とか食べ終え、

シムシティ4で気を紛らわそうとしたのですが数分でリタイア

痛みで頭がおかしくなりそうだったのでpcやめてベッドへ直行

勿論眠れるはずもないのですがストレス溜めながらゲームするのもどうかと思うし。

2.30分で効果が現れたのか痛みが薄れてきたのですが、

今書いてる最中にまーーた痛み出して来た、お助け。

しかも貰った薬飲むの忘れてた阿呆だ俺。





もし眠れなかったら睡眠薬のもう・・・・
8月26日

6時くらいに目が覚め、眠い眠いと悪態付きながら7時に一階へ降りる。

続いて降りてきた母親にパンを食えといわれたので食ってたらこんな事言われた。


母親「何時も15時くらいには洗濯物しまっといてほしいんだけど。」

エル「ふーん、覚えてたらね?」

母親「いない時はいつもしまうようにしてくれ。」

エル「何時出かけてるかなんか知らんよ。」

母親「何時も言ってるじゃん。

エル「嘘付け。4割の確率で何時の間にかいなくなってるじゃねえか。」


その度にエルは“昼飯何食えばいいの”状態だっつーの。


母親「気付くように努力しろ。


それが人に物を頼む態度か? こいつもこいつでボージャクブ人だな。

いい加減こいつらにはまともな日本語の一つくらい覚えてほしいものである。

俺もか。

そんなどうでもいいことを考えてたら残りのフルーチェを出されたので食べる事に。

さっき冷蔵庫見た時はシチューの残りかと思った物体です。しっかし味が寂しいなあ。


「あんた同じパジャマばっかりきてて汗臭いんだけど。」


これ二日目だぞ、二日に一度洗濯籠に入れてますが何か?

仮に冷房が無かったらそれも判るけどほぼずっと除湿付けてるし、

大体毎日出したら出したで文句言うじゃねえかエルにどうしろと。

実際に汗臭いのかは知りませんがお前本当に滅茶苦茶だよな。

“この夫ありてこの妻あり”ってか、どうしようもねえ奴らだ。

嗚呼エルは朝っぱらからなんて訳の判らない記事を書いてるんだろう・・・・

“あぁ エキセントリック少年ボウイ”が懐かしい。今夜も金縛り―――





さてやっとこさ咳が収まり始めたので、最後の予定である親知らずの抜歯を決行。

以前左下を抜歯してもらった、一時間ほどの距離にある大学付属病院に電話。


エル「うぃーっす、前みたいに麻酔科との共同による抜歯をしてほしいんだけどー。」

相手「あーはいはい、じゃあ直接打ち合わせしないといけないから来週来てくれる?」

エル「来週?! 今週じゃなくてっすか。

相手「今週もう一杯なんだよねー。来週木曜の朝一でいい?」

エル「しかも朝一っすか。


朝一といえば9時である。嗚呼また通勤ラッシュに押されて蹴られる作業が始まるお。

これなんて歌だったかなあ、通勤ラッシュじゃなくて満員電車だった気がするけど。





さて時間が飛びますが、風呂上りに面白い話を聞いてきました。

風呂場から出ると母親の話し声、どうやら電話しているらしい。

内容から察するに宗教関係だな、相手はそれ繋がりの友人と見た。

まあこれは言ってしまえば日常茶飯事レベルの光景なので最早何も言いませんが、

問題はここからなのです。


「(前略)もう失敗とか許されない身だからぁ、だから道場長(※宗教中の偉い人・太守)に相談したの。
 それで色々話したんだけどぉ、最後に
 『ご奉仕(※献金)させて頂く気持ちで動く事を中心に云々』って言われた。」


はい出た、出ましたよ皆さん。名台詞レベルの決まり文句。

道場長がどんな人かは知りませんが金です、やっぱり金です。

流石宗教、汚い流石汚い。

そこまで言われたら気付くよねー、よねー?


「私はその通りに動いてたの、ご奉仕中心でね。
 夫が入院して、止められてもこっそりやってたの。」


そこまで言われて気付かないとか・・・・

信者と書いて儲と読むとはよく言ったもんだ。

夫が止めた理由は金なのか弱気になって見舞いに来てほしかったのかは知りませんが、

少なくとも信仰を止めさせる気は無い模様。昨日自分が飲む薬に真光の業を行使してたし。

その後の話は“死ね”“ブログネタを有難う”の半々な気持ちで、

笑いを堪えていたので聞き取れなかったのですが、気付いた時には愚痴が始まってました。

宗教入ってまで愚痴とか。

宗教って、言ってしまえば心の拠り所みたいなものだと思っていたのですが・・

そんなところで何で愚痴が出てくるんだろう? 勿論その宗教絡みでの愚痴です。

あれか、悪態つかないと生きていけない生物なんだろうかボージャクブ人は。

宗教友達と電話してる度に愚痴を吐き出してますがこいつ何で生きてるんだろう?

一体何が楽しくて生きてるんだろうね。いやまあエルもだけどさ。

それは置いておいて、新興宗教真光がいかに酷い宗教かはこれだけでも判る気がします。

が、当然ながらこんな事で終わる新興宗教ではありません

今日はエルがネットで聞いた話も含めて“危ない話”を書いてみようと思います。

自身で調べた事が殆ど無い為に全て真実かは不明です。

間違いも多分に含まれているとは思いますが、それを踏まえた上でご覧下さい。

ああ信者は見るな、今直ぐalt+f4を押せ。



まず真光について。うちの家族が入信してる真光とは正式には崇教真光と言って、

宗教では無く崇教と言います。

いや実際にそう言うんです。何か宗教を超えたのが崇教なんてほざくらしいんです。

他にも世界真光文明教団というのがあり、ぶっちゃけるとこちらは母体みたいなものです。

というのも教祖の死去の際に分裂した結果、崇教真光が立ち上げられました。

なので教祖が同じ、中身も大体同じだそうです。

エルは世界真光文明教団については全く知らないので、崇教真光を中心にお話しします。

細かい部分はぐぐるなりうぃきを見るなりしてください。



さてこの宗教は割と長く続いており、日本にtvが台頭した頃にcmを流していたらしいです。

見たこと無いので実際の事は判りませんが、もし本当なら中々の勢力だったと思えます。

困った事にこの団体は世界各国を渡り歩き、人種性別国籍何も問わず誰でもカモンがモットー。

要するに金になるなら誰でもいいって事だと思われますが、

その結果、幾つかの国からカルト教団として危険視されるようになったとか。

もうこれだけで並々ならぬ危険な香りが鼻を刺激しますね。

この教団の主な活動は、1.お浄め(神の業) 2.布教 3.ご奉仕(献金)。飽くまで主観です。

そしてこのサイトでも何度か出てきた「1.お浄め(神の業)」。これがこの宗教のキモです。

キモといってもアンキモではありません、キモいのキモです。食べられません。

これは物体に手をかざす事により見えない光(エネルギー)を放出し、

対象の状態を改善修正回復するというもの。

例えば教団員曰く「ガンが治った」、或いは「医者もびっくりの回復力で病気や怪我が治った」。

或いは「ある人がいい意味で変わった」、或いは「家族円満だ」。

簡単に言うと万能薬です、何でも直せるし治せてしまいます。チートおつ。

そんなものが実在したら医者も薬も病院も全く不要な気がしますが、

チートなだけあってこの力は全ての人が使える訳ではないらしいのです。残念!

しかしご安心を、たった3日間の研修を終える事で使えるようになります。

しかも誰でもこの研修を受ける事が出来ます、これであなたは“選ばれた人”になれるわけです。

因みに“選ばれた人”がこの世界に訪れる神の災厄から生き残る事が出来るそうです。

これには設定が存在し、簡単に言うとラグナレクとノアの箱舟のミックスです。

しかしこれ、一種の選民思想じゃね?

要するに信者以外は死ねって言ってる事と同義だし。

いやまあアメリカも似たようなもんか?

それはさておき、研修を終えると“おみたま”というアイテムを貰えます。ピロリンッ♪

ぐぐったら出てきた用語集曰く、これで神の力を授かってお浄めが出来る様になるそうです。

しかしエルは受けた覚えがないのに持っているので普通にもらえるものかもしれません。

因みに漢字にすると御み霊と書くそうです。ぐぐったら画像があったので気になる方はどうぞ。

このおみたまは母親曰く「命より大切な物」らしく、触れる場合は手を洗浄除菌してから。

これを落とした日には大目玉です。メダパニが掛かるのは落とした人にではなく信者にですが。

こうして選ばれた人認定を受ける事が出来る訳ですが、嬉しくともなんとも無いわな。

たったの3日の研修で神の業を使えるようになれて、選ばれた人に認定されるとか。

どこのrpgの世界なんでしょうかここは。ツクールのネタになるか?

ところでこの“神の業”と称する得体の知れないエネルギー兵器を一押しするには理由があり、

曰く「不幸の大半は悪霊や毒素によるもの、それをお浄めによって祓い清める」というもの。

つまり霊にも効果があると言う訳ですね。「直ぐに呼びましょう陰陽師」を体現した宗教です。

因みにエルは小さい頃この力によって「動物霊が憑いている」と言われた事があります。

人間だって動物じゃないっすか、というかそもそも霊ってなんだよって話ですがね。

その辺りについても謎の超設定があったと思うのですがどうでもいいですよね

宗教自体今時腐るほどあるので、兎に角少しでも目玉商品が必要だったのでしょう。

霊なんてそもそも科学的にその存在が疑わしいものを持ち出した辺り商売上手です

ところでこのおみたまというアイテム、実は偽物だったりします。

というのも先程の「崇教真光は世界真光文明教団から独立した別個の宗教」という話。

この時に何と次期宗主の決定で裁判沙汰となり、教祖の養女である岡田恵珠側が敗北。

未練がましくもそこから「崇教真光」を設立して新しく宗教を立ち上げた、という経緯です。

宗教としての中身は殆ど同じなので、裁判での敗北側が言ってしまえばfalseです。

極端な話だけどね。

というかどうでもいいよねこんな話

話を戻して。宗教とは神を崇めるものなので当然信仰する神がいます。

御親元主真光大御神(みおやもとスまひかりおほみかみ)伊都能売大国魂大国主之大神(いづのめおほくにたまおほくにぬしのおほかみ)

の二人だそうです。

偉く大層な名前なのは教祖は恐らく日本が大好きなのでしょう。

他にも色々な神の名前が出てきますがこの二つの名前さえ知っておけば取り合えずOKです。

そもそも知ったところで日本神話の登場人物ですらないし何の意味もないのですけどね。

ところでお気づきの方もいると思われますが、ルビにカタカナが含まれていますよね。

これ誤字じゃなくて実際にこう読むんです。

他の宗教は知りませんが真光では用語集が必要なほど造語っぽい当て字が多く、

例えば主神をスしんと読みます。聖書との差別化を図ったのでしょうか?

読み方だけでなく言語も多様です。日本語が多いと思いきや横文字が出てきたりします。

設定上では釈迦やモーゼなどの色々な著名人(?)は、この主神の遣いという事になっています。

恐らく他宗教の存在を認めると共に、自らをその上に置きたかったのでしょう。

一神教に対してどう言い訳するのかは知りませんがね。

真光についての基礎知識はこんなものです。ではお待ちかねの“ネットで聞いた酷い話”。

その1・退団したら「悪霊に取り付かれた」と言って家を複数人で取り囲まれ、それが数日続いた。
その2・何かあると金を要求される。金が全て。
その3・手かざし(お浄め)したのに病気が治らず死んだ。 ※これは本人の頭に問題がありますが
その4・「薬は毒だ」と言って薬を飲んでくれない。 ※うちの母親も若干このケがあります
その5・悪い事があると「これも試練」と言われる。いい事があると「神に感謝しろ」と言われる。
その6・神様に足と尻を向けてはいけない。 ※実際そういう設定のようです、天皇陛下万歳かよ
その7・やめたら不幸になると脅される。

他にもあると思いますが覚えてる限りではこんなもんです。特にその1が酷いね。

その2は金集めが露骨に表れてますね、言わずもがな。

郵便受けに入っていた方もいるかと思いますが、勧誘のチラシを販売してます。

1束100円で。勧誘する気あるのか?

凄くシュールなことが書いてあるのでもし貰ったら見てみるのもいいかもしれません。

また道場(溜まり場)に行くとおたまぐしと言う名の献金を強要されます。

エルが小さい頃見たのは100円や500円でしたが、札が入ってた時もありました。

カネカネキンコとはよく言ったもんです。金ってあるところには山ほどあるよね。

更に神様の有り難いお言葉が羅列された雑誌も販売してます。こちらは定期刊行ものかな。

どうでもいい話ですが、定期に行なわれる大祭では何故か食べ物が販売されています。

総本山で行なわれる大祭では何故か水晶が売ってました。

小さい頃のエルは光物が好きだったので500円の小さいのを買ってもらったのですが、

数日で飽きたのは今では懐かしい思い出です。確かもう捨てたと思う。



閑話休題もところどころに入ってしまいましたが、真光についてはこんなもんです。

突っ込んだ話になると尺が足りなくなるのでやめておきますが、

十分酷い宗教だとはお分かり頂けたと思います。

有名な某新興宗教などと比べれば穏便で“まだ”ましな方ですが、

海外進出していたり道場に行きたくないと言うとうちの子じゃないと言う人間を作り上げたりと、

やはりあってはならない宗教ですね。というか宗教自体エルはいらないと思います

例えどれだけ良心的な団体であっても、現実でないものを信仰して崇めるのは現実的ではない。

エルはそう思うのです。簡単に言うと「現実見ようぜ!」

まあその現実から目を逸らしたくなるから宗教に入るのかもしれませんが。



あんまり長くなるのもあれなので今日はここらで終わりにしておきます。機会あれば続きでも。

因みに今では珍しい事でもないと思いますが、政治家やtvに写る人達にも信者がいるようです。

定期の大祭の時に議席を持つ方が紹介されていたりします。どこの誰かは知りませんが。

確認の為にうぃきを見てたら、下の方にあのアントニオ猪木の名前があってびっくらこいたよ。

詳細は知りませんが関係があるとは思いたくないなあ





凄くどうでもいい話。


「別に一軒家じゃなくてもいいよね、会社倒産したからこの家住めなくなるよ。」


と夕食中に母親に言われました。

親父の部屋には「お元気ですか住建」の一軒家用の見積書があったような気がしますが、

お前ら一軒家にどれだけの拘りがあるんだよ。夢のマイホーム(笑)。



もっとどうでもいい話。

夕食の餃子が5つあったのですが、2.3個でいいやと思い残りは母親に譲ろうと思ったら、

「これ以上はもう食べれないから食え」と言われました。ところでその1/5スイカは何かな?

スイーツ(笑)。
8月6日

やべえ、滅茶苦茶しんどい。

何時もの精神的しんどさではなく肉体的にしんどい

まず朝起きると頭が重い。ついで意識が完全じゃない、更に咳が出るし痰も出た。

食事も何時もより数割の時間を費やして食べ終えるほど。

ああ、こりゃ風邪だな。

数日前から兆候はあったけど本当に風邪に掛かってたとは・・

pcをするにもしんどい頭がはっきりしない、一時間ほど遊んでは二時間寝るの繰り返し。

こんな状態で歯医者行って大丈夫かなあ。

かといって当日キャンセル・予約変更は出来ないので行くしかない訳ですが。

しんどいわーずっと寝てたいわーと心の中で愚痴りながらクリニックへ。





今日は何時もと違うルートを通ってみました。何時もより一分ほど遅れる程度だったし。

いやグーグルマップは便利だね。信じすぎると痛い目見るけど。

それは初めて行った時の事。目的の駅が判らず何時の間にか通り過ぎてて、

更に急行では目的の駅に止まらないという涙無しには語れない話

どの辺りに涙が出てくるのかというと、上記のお陰で予約時間を大幅に遅れた事

駅のサービスセンターで場所と電話番号を調べてもらい、もう駄目だろうと思いながら電話。

しかし「遠くから来てるみたいだしいいよ、待ってる」と素晴らしきお言葉を頂戴しました。

そんな大恩ある歯科ですが、急行の止まらない駅ってのは勘弁してほしいなあ。

と言ってもエルの条件に見合う所が、調べた限りではここしかなかったので何も言えませんが。



さて何時もより数分早くに到着したエル。そのお陰か順番もかなり早かった。

5分とも待ってないんじゃないかなーなんて思いながら診察台へ。

流石に先生は直ぐには来られませんが、それは何時もの事なので気にしない。

待ってる間、ふと右側から風を感じたので見てみると扇風機が動いてた

ありがとう先生! エルの為にわざわざ置いてくれたんだね?!(思い込み)

でもあるならもっと早くにほしかったなぁ。


「今日は銀歯の仮付けをします。予定は一時間くらいかな。」


それだけで一時間もかかるのかー。


「今日は麻酔は使いませんね、歯を削ったりはしないので。」


ここに来て麻酔無しの治療は初めてじゃないかね。

そして先生に代わって女医の方が登場。


「それじゃあ仮歯外しますねー。」


前回のようなトンカチで釘を打つような感じでコンコンほぎゃーーーーーー!!

痛い痛いよお嬢さん!


「院長ー麻酔した方がいいと思いますー。」

「あー手上げてるね。」


余りの痛みに諸手を上げて10秒は硬直したよ、普通に痛い事やってるよ先生!

心拍数も上がってるし今日寝れるかなあ?


「じゃ麻酔しますねー。」


ぷすっぷすっぷすっぷす。痛い、内側に注射は痛いお。


女医「大丈夫ですよー。」


いや大丈夫じゃないよ、そして何故毎度肩を押さえるんですか暴れないってば。

それから麻酔の為に数分待ち、またも女医の方がトンカチで釘を打つようにコンコン・・

麻酔のお陰で痛くは無いけど結構響きます。というか他に方法ないのかな?

これはこれでくるものがあります。

その後は特に面白い事は無かったので割愛。強いて言えば咳で迷惑かけた事かな。

「一回起きます?」なんて言ってくれたけど風邪こじらせて来て本当すいません

「ただの風邪なんで」と言って謝ったら笑ってくれました。や、優しいんだね///



治療が終わった時に鏡を渡してくれたので口の中を見てみることに。

おーおー見事に銀歯だらけだこと。ちくせぅ。

いないと思うけどこれを見てる皆、虫歯治療は早急にね!

次回に本付けすると説明を受けて今日はお終い。終わった終わったー。

最後に注意事項を聞いておく事に。


A「そうですねー麻酔が効いてるので30分ほどは食事は控えて下さい。」

エル「他にはあります? 歯磨きとか。」

B「えとですねぇ、今から一時間から二時間ほどは食事を控えた方が・・」


それはもう聞いたよ、というかどっちを信じればいいんだ

30分と二時間ってかなり時間差がありますよお嬢さん方。

その他は特に無いとの事なのでお礼を言って診察室から出ました。

時計見たら一時間に20分ほど過ぎてた。この20分は麻酔の時間かな?


「本日は、16450円になりまーす。」


きついっす。



帰りの電車で和服を着てる人がちらほら発見、夏祭りでもあるのかね?

その中に混じった子供。何故か下半分が洋服の膝下丈スカート状

それは洋服なの? 和服なの? どっちなの。

まあどうでもいいですけどね。

宝塚駅に到着して乗り換え。出発後に気付く、「あれれ進路がおかしいよ?」


「ご乗車有難う御座います、この電車は梅田行きです。」


乗り間違えた! 逆だよ逆!!

次の駅で下車して地下を通って反対側の路線に移動、そんなまぬけはエルだけでした。

乗り換えて「何で同じ風景を何度も見ないといけないんだよ」と思いながら帰宅。

因みに自転車漕いでる時に気付いたけど麻酔がまだ切れてなかった



家に帰ると真っ先に風呂へ。上がると何故か寒かった

夏なのに寒いとは何て贅沢なと思いましたが明らかに風邪のせいです


母親「ごほっごほっ。」


ブルータスよお前もか。

その後食事を取りましたがやっぱりしんどい。

何時もの「あー食うのめんどくせーなー」ではなく肉体的にしんどい

麻酔が効いてるので食べにくいのは当然の事、しんどすぎてさっさと寝たいレベル。

まだ20時にも達していません。

「麻酔効いてる間は食うなよ」と思われるでしょうが、

要するに麻酔が効いてるところでかまなきゃいいってだけの話。

勿論出来るだけ前歯で噛むように心掛け、抗鬱剤を飲んで歯を磨いて今日のお勤めは終了。

風邪引いてる時に抗鬱剤なんて飲んでいいのか知りませんが。

あー今日も睡眠導入剤無しで寝たいなー。



というかぐぐったら精神関係の薬と一緒に飲むなと書いてあったけど、

精神科の先生からそんな事は一言も聞いてないんですけど。
7月29日

昔の偉い人は言いました。

1に曰く道、2に曰く天、3に曰く地、4に曰く将、5に曰く法。」
 ※適当訳―――次の全てを味方にして初めて大事を成せる
  1つは自分ないし人を導くに足る事柄や思想の名分化による道標の提示
  2つは天候の善し悪し、有不利
  3つはいかに地の利を活かせるか、または抑えられるか
  4つは人的能力や人的資源などの人材力
  5つは関わるもの全ての管理、規律性






今日も今日とて歯医者の日、面倒だけどいかなければならないのである。

この時点で「1に曰く道」が揺らいでいます。やらないといけないとはいえ辛いっす。

しかし外を覗いてみればまあどうしましょう、雨が降っておりますね?

ぐぐってみたところ昼にはましになるみたいだけど大丈夫かなあ。

14時20分ほどに家を出た時は気にならない程度の小雨で、

これならまあ大丈夫だろうと傘を持たずに自転車で発車。

因みに家からクリニックまで50分近く掛かるので「3に曰く地」敵です

駅に到着して電車を待ってる間に「あれ、本当に15時だったかな」

と思ったので予約時間を確認、17時15分だった。その差はゆうに3時間近く。

恐らく17時と5時がごっちゃになって15時と間違えたのだと思いますが、

これで4と5が危うい状況に。


「このまま帰るのもなんだかなあ、かといって寄り道するようなところもないし・・・・」


仕方が無いので年金控除更新の為に市役所へ行く事に。

駅から遠くは無いので自転車でぎーこぎーこと向かい、初めて市役所に進入。

外観が尊大な建物に見えて仕方が無かったのですがまあそんなことはどうでもよく。

年金に関する受付を捜し当てたのはいいものの受付に誰もいない

えーどうすりゃいいのーと思いながら辺りを見回しても、他に年金の受付は無い。

そんな事してる間に別の人が戻ってきた受付の人と会話しててタイミングを逃す

しゃーねぇ待ってるかー。



あれ、お二人ともどこいくの?

なんかエレベーターに乗って行っちゃったよ、エルどうしたらいいの?

そのまま5分ほど待ってみるも戻ってこない。

あんまり待つのも面倒なので、受付の後ろで仕事してる人に担当してもらう事に。

というか受付に誰もいないっておかしいだろとは思う。

せめて他の受付と同様に不在の看板をおいといてくれ。


「年金控除ね。えーとね、ちゃんと更新されてるよ。


騙された! ※28日参照

というかそれは恐らく以前の年金に関する電話に対して、

「収入ないしそもそも払う気ないしで絶対支払わないからな」って言ったけど、

あれでちゃんと更新してくれてたんだね。じゃあエルは一体何しに来たんだ?

ここで「4に曰く将」「5に曰く法」が消滅。これなら家に帰るんだった。

ただ今年いっぱいまでではなかったらしいので、今年中は払わないと申生しておきました。

これだけじゃ何か遣る瀬無いので通り道でチョコレート*2とハイチュウを購入

虫歯治療中なのにこれである、「1に曰く道」も何もあったもんじゃない。



さてこの時点で15時10分ほど、予定時刻にはあと2時間。

まだ早いよなあと思いつつも、帰るのも正直面倒。

どうせ桜蘭の新刊まだだろうなと思いつつも書店で数分の時間を潰して結局駅へ。

あーどうやって暇潰そうかなあ。そうだハイチュウ食べよう。

お、なんですかあなたはエルなんか見て。もしやハイチュウを食べたいのですか?

あげませんよ。

ところで電車の中でこんな話を聞きました。


「カロリーメイト沢山食べて水(だったかな?)飲むと鼻血が出るらしいよ。」


嘘付け。



クリニック前の駅についたのはいいものの、流石に早すぎるよなあ。

そうだ、周辺を散歩しようか!

と言う訳で早速探索開始。お、神社っぽいのがあるぞ。

巫女さんが脳裏に浮かんだエルは間違いなく変人かそれとも変質者ですが、

折角なので寄っていってみる事に。べ、別に巫女さんが見たかった訳じゃないんだからっ///

うわぁ、砂が雨を吸ってて雨降った後の小学校の砂場が懐かしいよ。

それ以外に感想は特に無かったという。



その後クリニックに到着して三国志を読みながら待つ事1時間。

途中でうさぎのABCという声が聞こえた気がしましたが、

気にせず診療台に座って先生を待つ。因みに予定時刻より早かった。


「今日は右上と左下の型取りとかします。1時間半くらい掛かるかな。」


また型取りっすか。まあいいや先生を信じよう。


麻酔打ってますからねー。


打つ前に言ってくれ。



キュィィィィィイ―――

染みるー染みるーシビルーシビルー!おれーたちのぱわーを、つたえったーいー。


「左下も麻酔打ちますねー。」


えっ、ちょっとまってそっちは表面麻酔してないたたたたたたた

あ、そこはだめ痛い痛い痛い!!

ちょっと看護士だか女医だか何だか知らない人、暴れないから腕押さえるの止めてくれ

痛かったら左手上げろって言われてるのにどうしろと。


「これ痛い?」


いや腕押さえられてて伝えられないってば!


「仮歯外しますねー。」


あれ、なんか杭で打たれてるような感覚だよ? ほらかつんかつんって。

こういう外し方もあるんだね? うがいしたら血が出てきた。


「出血してるんで止血しますねー。」


何か塗ってると言うか張ってるというか・・まずっ


「型取りしますねー。」


あれ、何時もと違う型取りだ。キシリトールに違いは無いけど。


「ちょっと風かけますねー。」


ひゃぁあああっ!!

これは転んだ際の萌え語ではなく心の中での悲鳴

治療中の歯に風を吹きかけられただけでかなり染みた。勘弁して下さい。

先生は神経がまだ生きてるからと言ってたけど、こんなの初めてだべさ。

これ以降は特にネタになるような事は無かったので割愛。


「次回銀歯を試しに使ってみて、問題があるかどうか調べます。」


ああ、次こそ銀歯か・・・・


「お疲れ様でした。麻酔が効いてるので2時間くらいは食事を控えてください。」


てことは20時過ぎくらいか、晩飯は無しだな。



治療が終わったので時計を見てみると1時間半も経ってなかった

今日は早めに終わったなーと確かに体感してたけど本当に短かったのか。


「お会計が8400円になります。」


きっつ。


「次は今日の倍の・・・・、1万8千円も掛からないと思いますけどそれくらいは・・」


きっつ。今度銀行いかないと駄目か。



地元の駅に帰って来た時には行きしなよりも強い雨が降ってた。

ここで最後の「2に曰く天」が潰える。

エルはどうやら全てにおいて駄目なようです。ちくせぅ。





家に帰ると、


「あ、あんたの事すっかりわすれてた。」


いっそこのまま空気でいたい。
7月24日

21時に帰ってきて物理的にしんどいので簡潔に。

今回の治療について、二文字で表すとしたら「痛い」

そもそも現在進行形で筋肉痛が「痛い」





駐輪場で自転車のタイヤに空気を入れていざ出陣。

改札出る際に別のラガールカードを入れたせいで改札機がエラーをはいた事以外は特に何もなし。



今日は右上下に銀歯をはめて、右下の軽い虫歯も治療するとの事。

これが無事に終わればあとは左下のブリッジをする部分だけ。

もうすぐだ、もうすぐ俺達のエルドラドが・・!



キュィィィィィィィ―――


口腔内から、痛みが逆流する!?

うゎぁぁぁああああああああああああああああああぁぁ―――!!


「麻酔足すわー。」


染みるっ、染みるっ。ひいいぃぃぃぃぃぃぃっ。

やめて! エルのソウルはもうよ!!


「愚物が。自分だけが特別だと思ったのかな?」


ギュギュギュギュィィィィィン―――


ひゃあああうまいいいいぃっ!!


「痛みに耐えてよく頑張った、感動した!!」


2.3位を競うほどの辛い虫歯治療でした。

そして確信した、今日も眠れないなと。

診療台から立ち上がると頭くーらくら。歩くと頭くーらくら。

麻酔を使いまくったらしいのでそれのせいなのかは判らないが頭くーらくら。くららがたった。



因みにまだ麻酔が効いてます。寝れなさそうだなあ。

それと何時にも増して意味不明な文章になっているのは仕様です。
7月16日

暑くてやってられん、段々除湿だけじゃ物足りなくなってきた。



やって参りました歯医者の日。果たして前回のあの恐怖は蘇るのか?!

先に言っておくと大丈夫でした。わはー。


前回と同じ時間に予約を取っていたので、前回と同じルートで同じ時間に電車に乗り同じ時間に到着。

これまた前回と同じで待ってる人は少なく、一人だけ。治療中の方が何人かいたけど。

診察券を提示して「あー怖いなーまた痛いのいやだなー」なんて考え事しながら待っていると、

審美室からお婆さんが登場。その背中には何故かドクロの模様

え、何で? そのお歳でなにゆえ?

それはあれですか、エルに対する死刑判決ですかってんだちくせぅ?


さて待つ事10分足らずというまたも前回と同じくらいの待ち時間で診察台へ。

ほどなくして先生登場。

「今日は(右側の)ここの歯を抜いて(虫歯にやられすぎた為)、ここも治療して。んで型取りもします。」

前回は左側を治療し途中だったので聞いてみたところ、次回になるとのこと。

集中治療のプランは先生に作ってもらっているのでまあそれが一番いいのだろうと納得して治療開始。



「表面麻酔のシールはりますよー。」

ペタペタ。

「じゃあ麻酔しますよー。」

・・・・・

「麻酔しますねー。」

ちく。

「内側麻酔しますよー。」

ぐさ。

いたああああ痛い痛いいいいいいいいいいい!!

これだ、この痛みこそが―――!

もっとだ、もっと俺を感じさせてくれ!!!!!! ←痛くておかしくなってる


「次下側に麻酔しますねー。」

・・・・・

「また麻酔しまーす、ここはいたくないよー。」

・・・・・

「うちっかわ麻酔するねー。」

ちくりっ。

痛いっ痛い!


「うがいしてくださーい。」

あー痛かった・・・・あれ、でも前回よりは大丈夫だったな。

これで判った事、歯の内側に麻酔されるとすげえ痛い。逆に歯の外側は刺された事すら判らなかった。
 ※個人差やその時の状況などで変化します、鵜呑みにしないように。

今夜は眠れそうだ。 ※まだ始まったばかりです

しかし、やっぱり直前にでも「○○する」と言ってくれると安心感が違うね。

急に何かされると何をされているのか判らなくて怖いという思いは確かにあって、

それを事前に言ってくれる事によって覚悟と状況把握が可能になる。

患者の殆どは専門的な知識を持っているわけではないので、これは非常に有り難い事。

やる側は知識もあれば自分が何をするか判っているので問題ないけど、やられる側はそうもいかない。

例え一瞬の間でも、覚悟・・というより「どんとこいやー!」と言える気持ちが出せるようになると、

緊張感と安心感に確実に影響を与えてくれるね。勿論いい方向に。

頼んでよかったよ、いやほんと。



~中略~



「じゃあ歯を抜きますよー。」

本日の山場である。

キュィィィィィ―――

「痛かったら左手上げていって下さい。」

「痛かったら言って下さいね。」

何故左手なのかはこの際置いといて。

ギュルルルルルル―――



「ゥォォォォォォォ。」



キュィィィィィィィィ―――



「ぬぁぁぁぁぁぁぁぁ・・」



ギュイギュゥィィィィィィィ―――

「痛くないですかー。」

あれ、案外大丈夫だ前回の痛みが嘘のよう。



キュィィィィィィ―――



・・あ。



キュイキュィィィィィイィィィィ―――



あ、まずいきつくなってきた



ギュルルルルルルルルルル―――



あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”。 ←振動が凄い機具



キュィィィィィィィッキュィィィ―――



ぴあのばぶりやらふる。



キュゥゥゥッキュゥゥィィィゥゥゥ―――



た、耐えろ。前回よりは痛くないんだ。ここで耐えずして何時耐える。



ギュルルルルルルル―――



この機具は痛くないけど振動が凄いぜあ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”。



キュィィィィィィィ―――



ひぃっひぃっ。まだだ、まだ終わらんよ!

ここで耐えられなければまた注射されるんだぞ、耐えろエル! 後の世の為に!!

これをブログにする為にっ!!


まあこんなとこ誰も見ないけどね。

なんて考えてたら終わった

「はーいお疲れ様でしたー。」

がらがらがら、ぺっ。おお血だ! 抜歯後の出血だ!!

エル、頑張ったよッ! 褒めて褒めて。

そしてこれでエルは確信した、今日は平常通り寝れるなと。


その後はあのいやーなキシリトール白く(本当は白くない)べた付く何かで型取り。

他はもう正直何も言う事がないので割愛。



治療は15時55分頃から、終わったのは17時55分と二時間という耐久ミッションを見事クリア。

さあ会計だ、帰れるぞ。あれ、何かうがい薬貰ったよ?

電車の中で確認してみると、どうやら抜歯後に使うものらしい。

「一日数回ってどれくらいだよ」と心の中で突っ込みを入れながら帰宅。

夕食後、薬を飲む序に使ってみました。

「えーと約100mlの水に・・キャップの蓋の印の量を1~2回分混ぜて使う・・・・どっちだ?

とりあえずまずは一杯。

ガラガラ・・にがっ!! 緑色からして苦そうだったけど本気でにがっ!!

2回もやってられないんだけど! 一日3回もやりたくないんだけど!!

しかも友人と遊ぶ約束してた日を忘れて、しかも予約日と重なってる疑惑が浮上したので確認のメールしたのに、

返信がこないという困った状態。不幸って続くよね

いやまあエルが悪いだけなんだけどもね。



明日辺りにでも気が向いたら精神科行ってくるおっおっおっ。
7月8日

明日辺りだろうと思ってたコルクマットと鼻毛カッターが午前に届いたのでちょっち嬉しかった。


さて今日は歯医者の日。予定では二時間耐久バトルなので気合を入れていかないと何時ノックアウトするか判らない。

早速鼻毛カッターで身嗜みを整え、いざ戦場へ!


さて、50分近い道のりで2回乗り換えないといけない訳だけども。

一回目の乗換えでまだかなーと電車を待っていると、携帯相手に話をする女性の声が聞こえてきた。

「今日14~49番に登録してさー、そしたら3日中に16万払えって言われたんだけど危ないかなあ?」

何か知らんけど危ないと思うよ、うん。

「そうそうネットで。やっぱり危ない?」

3日中って時点で危ないと思いますお嬢さん。

「電話してみたんだけどメールでしか受け付けないって。なんか土曜日は振り込めないっていうし。」

ありえねー。全てにおいてありえねー。一体何をやったんだあんたは。

そんな会話を続けてると電車が着たのでそれ以上の話を聞く事は出来ず。いや聞いても仕方ないけど。

心の中で呟いておくけど、何があったのか知らんけど絶対振り込むなよ。


そんなこともあってクリニックに到着。よし、頑張るぞ。

集中治療を頼んだだけあって人は少ない模様。期待4割不安2割、残りは暑さとしんどさ。

最近どうも疲労感が抜けずしんどくて仕方がない、ただの栄養不足か精神的ストレスかは知らないが。
 ※かなりの偏食+食欲不振



そして待たされる事数分。先生登場。

「今日はね、治療中のこの歯(根管治療したとこ)の型取りと、左下5番を抜歯して治療するからね。」

実は先週にもこの話をしたのだが、何故抜歯するのかまでは詳しく聞いていなかったので、この際に聞いてみた。

「これとこれ(左下+右上の5番)はもう駄目、酷くて抜くしかない。」

銀歯が3本になるよ! やったねエルちゃん。

金大丈夫かなあ・・・・
 ※エルは全財産が10万もない

とりあえず治療開始、ファイトッ!!





痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛いいたいいたいイタイいたい!!

先生! 麻酔注射が凄く痛いです!!

「これ痛い?」

痛い痛い! 痛いってば!! ←注射中なのでしゃべれない。

「これどう、痛い?」

イダアアアアアイダイダイイイイイイイイィ!! ←喋れないのでボディランゲージならぬアームランゲージ。

「痛い? 我慢して。」

おたすけえええええええぇぇぇぇぇ―――






見えてないから判らないけど、歯茎の部分・・かな? そこに注射されるとすんげえ痛い

うがいする際に注射されたっぽい場所を舐めてみると腫れてた




キュィィィィィーガリガリガリガリ・・・・

あー削られてるなあ、これはもう麻酔されあれば全然大丈夫なんだよな。女医の人でなければ(この人はどうもうまくない)。


ガリッガリッガリッガリ・・

ん、何これってってってってっていてて?!

「うがいしてねー。」

がらがらがらがら、ぺっ。え、血が出てる!!

ちょっとちょっと、抜歯してるならそう言ってくれ頼むから。

事前後の説明は普通にしてくれるけど、作業中は殆ど何も言ってくれないので何をしているのかされているのかさっぱり。

女医の人は大体言ってくれるので直前に「○○するよー」って言うのは、別におかしなことではないと思うんだけどなあ。

言わないものなのかな?



さて途中で歯の型を取る為にしばしのリラックスタイム。

型を取ったり合わせたりするので時間が掛かる、つまり暇。

痛みを伴う作業ではないので気を張る必要がない、つまり暇。

しかもじっとしていないといけないので逆にしんどい

と言う訳で、足を内股にする事で少しでも気を使おうと画策。代わりに余計に疲れるわけだけどね。

ところでさっきから子供の声が聞こえてきたり、先生が子供をあやす楽しそうな声が聞こえてくるんだけども。

あれ。集中治療ってもしかして、通常より長時間やるってだけの話?




「はーい表面麻酔のシールはりますよー。」

ま、まさか・・・・





プスッ。

ぎいいいいやああああああああああああああ―――

「痛い?」

だーーーーーら痛い痛いってひぎいいいいいいいいいいぃぃ!! ←声にならない叫び。



ギュゥィィィィィガリガリガリ―――

いだだだあだいだいだぢあぢあだだぢあだいあああああばばばばばばば! ←最早悶えるしかない。

「ちょっと麻酔足すわー。」





エルは以前数えるくらい、治療の際の痛みで寝付けなかった事があった。

そしてエルは確信した。「嗚呼、今日は眠れないな」と―――







時は18時の半分を過ぎたところ。治療室に入ったのが15時50分ほどなので、治療時間は3時間に近い。

エルは(精神的に)ぼろぼろになりながらも、会計を済ませる。「7700円でーす。」

それは丁度、やっと仕事が終わった時のような感覚だっただろう。

あの地獄がまた来週にもやってくるのかと思うと、エルはただ脱力するしかなかった・・・・


痛いの嫌い。






母親「何処いってたん、歯医者?」

父親「なんだ、俺と同じところにいってるのかと思った。」 ←そもそも初耳。




父親「近いうちに健康保険の権利を剥奪されるからな。」

あはは、hp立ち上げわずか一月で終了の予感。
7月1日

エルは昔から続く慢性蕁麻疹なるものがあって、特に冬になると熱に反応して偉い事に。

今は夏だから冬ほど酷くは無いけど、やはり四六時中ぴりりと痒みがでてくる。

ただ困った事に、今日は増して痒い。「なんじゃろけー」と思って掻いてたところ、

腹部右側に赤い斑点を幾つか発見。服脱いで寝てた訳でもないのに酷い話である。

朝っぱらから憂鬱な気分になったエル。


さて今日は歯医者の日。数ヶ月前に事を発したこの虫歯治療、やっと一本終わりそう。

「数ヶ月でやっと一本かよ」という気持ちが凄いけど、色々あったので仕方ないっちゃ仕方ない。

出かける前にデフラグを終わらせたかったけど、一時停止のまま止まってたので終わるはずも無く。

終わったらシャットダウンなんて機能は搭載してないのでデフラグは諦めて歯医者へ。

片道約50分の距離を電車を駆使して移動、駅の出口で警官二人が何かと戯れているところを目撃。

「おー交番の前で、警察犬かな?」

よく見たら人間の女性でした。長い髪に頭をたれて膝をついてるから犬かと持ったわ。

暑さにやられたのか朝から酔っ払ってるのかは定かではないが。介抱されてたんだろうか。

さっきの事は忘れて「あーあ暑すぎだろ」と思いながら汗で服をべた付かせて目的地に到着。

院内の冷房に感謝しつつも、阪急の弱冷房車並かそれ以上の温度設定なので暑い事に変わりは無く。

治療中は殆ど治療台に寝そべってるので時間が経つほど汗が気になる。

今日は合計一時間と二十分ほど掛かったけどそのお陰で扇風機が欲しかったよ。

「すいません、あついんで扇風機ください」なんて流石のエルでもいえるはずも無い。


今日は根管治療した歯に銀場を使うための型取りをする日。

あーついにエルも銀歯デビューかーなんて訳の判らない事を考えながら治療を受ける。

ところで水が滴って冷たいので患者の頭の上に器具を持ってこないで下さい助手の方。


「歯の型をとりますねー。」

きた。奴だ。

この際歯に白くべた付くなにか柔らかくなったガムのようなものを形が取れるまで歯に押し付けられる。

これが気持ち悪いの何の。しかも目にタオルが被さっているのでどんなものか見えない。

それも「お口の中がにゅるにゅる祭りじゃ~」だけでは済まされない。

くっついてるので、剥がす時に歯が引っ張られて若干痛い。しかも一部が口の中に残る。

先週やってもらった後にうがいしたら白くべた付くなにかゼリーっぽいのが出てきたのは悪い思い出。

今日は口の中に残る事も無く、残りかすのようなものが出て来た程度だったのでまだましか。

今回は青色をしていたので「ああ、(先週キリン堂で買って一週間で食べ終わった)キシリトールガムか」と勝手に解釈。

ポジティブシンキングも時には大切だよね。


その後、手鏡とタオルを渡されて「口の周りを拭いてください」と言われる。

口を拭くのに鏡なんているだろうかと思いつつも取り合えず現在の歯の状態を確認してみる。

そしてやっと気付く、萌えさかる鼻毛。

いやん! はずかしっ。

鼻毛処理なんてここ最近全くやってなかったので通って以来ずっとこの調子だった訳だ。

洗面所に鏡はあるけど拡大してみる事は無いので案外気付かないもの。

なるほど、毎週これを見るに堪えかねて手鏡で気付くように促したんだね!

すいませんでした。

そいや数年前、散髪屋のおばちゃんに「かっこいいんだし鼻毛の処理くらいしたほうがいいよ。」

なんて言われたことがあったなあ。かっこいいどころか寧ろただの変人だけども。

鼻毛カッターでも買おうかなあ?


その後、差し歯は保険でやるか否かと言われたので差額を聞いてみた。

「銀歯だと大体2~3千くらいかな、保険外だと3万は超える。」

「保険でっ。」


治療時間80分に及ぶ汗と暇と根気との戦いは終わり、前回質問した集中治療について詳しい説明を聞かせてもらうことに。
 ※他の患者の予定を無視して、一人に対して付きっ切りで治療する事。

「結構しんどいよ(患者側が)。でも開口も機具で維持できるし最悪息してくれてたらいいよ。死にはしないし。

確かにその通りです。笑うしかない。

事前に一度に掛ける時間を決めて計画を立てる必要があるとのことなので、取り合えず一時間半で頼んでみる事に。

「えーと一回二回・・(通院回数)。一週間で二回これる?」

「二時間もらう日あるけど構わない?」

「うちは集中治療に追加費用はもらってないけど、一回キャンセルしたら以後の治療はお断りしてるから。」

地獄の一ヶ月が始まりそうだ。

かといって片道50分ほどの距離を電車を使って移動するのもあれなので、そのプランでやってもらう事に。

「これなら通院は5回くらいかな、因みに普通に通う分だと9回くらいだね。」

交通費=(260円*2)*4回+面倒くささと言う名のプライスレス。

エル、頑張る。

受付の人「では次回は2時間いただいてますのでうんたらかんたら。」

エル、がんばる。


そんなこんなで歯の治療を終えて帰路に着く。前に、靴を見たかったので駅近くをうろつく事に。

何時も利用する駅では無いけど昔は学校行く為にJRに乗っていたのでよく来ていた町。

前と大して変わってないなーなんて思いながらふと見つけたラーメン屋。

その看板にあのドラゴンボールのテンシンハンが「うまっ」という文字と一緒に描かれていた。なんだこれ。


見るものも見たので自転車を取りに向かうエル。そこで見つける不純物が沢山混ざってそうな金色の車。

車庫でそれを操作するパンピー女性に、外から話する夫と思われるパンピー男性。

(何だ一般ピープルか)よくそんな色の車買ったなあ、流石のエルもあれは嫌だなあなんて思いながら通りすがる。

自転車を回収して帰路に着く。道中で見つける「Pink Pussy」と書かれた看板。

どういう店だ? 住宅街だから危ない店じゃないと思うけども。


やっとこさ家に着いたエル。暑さと汗に負けてそのまま風呂へ。

しかし39度の湯船につかるのはもうしんどいのでシャワーだけで済ませる。

謎なのが、なぜか何時もシャワーが優先設定で41度になっていること。

親父は入院中だし兄は帰ってきてないので母親以外にありえない。

もう夏だってのに41度とか何考えてるんだろう?

かといって毎度毎度38度に設定するのも面倒なので、優先設定をオフにして規定の39度で使用。

39度でも暑いんだよなあ、風呂場に冷房つけれねえかなあ。

シャワーを終えて身体も乾かしてパジャマに着替え・・・・上着が無い。

上下セットで洗濯にだしたのに何故上着だけ無いのか。

自室のFitsとかかれた収納箱から適当に上着を回収する事に。皆出かけてて良かったわ。


その後は友人とAOMXで遊び、途中で喉が渇いたので一階に水分補給をしにいく。

居間、すずしっ!!

帰っていた母親が居間でTVをつけてエアコンつけて寝転んでました。まあエアコン以外は何時もの事。

前から思ったんだが自室じゃ駄目なんだろうか。他に誰かいるわけでもなし、自室にエアコンもTVもあるし。

よーわからんばい。こいつらのことは考えるだけ無駄だ。

こうしてエルは思考停止の海に延々と流されていくのであった。続く。
6月15日


歯医者の為に10時15分ほどに家を出て、帰ってきたのは15時前。

治療時間は30分前後という人生の道のりを通過。

歯医者の為にそんなに時間を掛けるかと思うけど、時間なら余っているのでこれくらいならさほど問題でもない。

だってこの辺いいとこねえもん。

麻酔パワーのお陰で3時間の食事を禁じられ、まあ昼飯くらいいいやなんて思いながらくそ動画作成に取り掛かる。

あれ、首筋に違和感が・・・・?

違和感を触れてみる→小さなムカデが机代わりのコタツに落ちた。

うひいっ!?

エルは虫どころか節足動物が大嫌いなのです。助けてー。

あの、ここ二階なんですけど。なんて事を考えながら何とか処理を試みるエル。

イヤダーコワイヨーコワイヨー。

コタツの上においといた歯医者の領収書で掬い上げて窓から捨てよう大作戦を決行。

あ、こら逃げるな。というか動くな気持ち悪いウヒイイイイ。

コタツとベッドの1cmもない隙間に逃げられた。

俺が逃げたいわ。

だからといって放っておく訳にもいかないので捜索開始。この時点でエルの心の器に涙が。

頭を下げてコタツとベッドの隙間とその下を覗いてみる―――いない、あれ?

HAHAHAHA、俺に恐れをなして逃げたんだな!

コタツの台を取ったり敷いてるホットカーペットを少し捲ったりしてみるも―――いない?

あれ、本気でどこ行った? 見るのは嫌だけど居座られるのはもっと嫌だぞ?

ベッドの下の隙間に頭を突っ込んでみる―――本当にいない。あっれー?

勝ち目がないからって、逃げるなよ?

しかし奥の方の埃が酷いなー、掃除した方がいいかなあ?

取り合えず見つからないし、諦めるか―――いた、こっちにきた。

ヒイイイイイイイイイイイ。領収書どこだっけ領収書どこだっけ。

あれ無い、あれいなくなった。これは酷い。

一瞬領収書を見失うもコタツの端に追いやってるのを発見、しかし肝心の百足の異名を持つムカデがいない。

今度は何処いったんだよ・・・・勘弁してくれよ。なんて思いながら先程と同じようにベッドの下を見てみるもいない。

仕方ない、掃除機だ。

先に言っておくけど序に掃除をするためなので念の為。吸って終わるならそうしたいよ。

置いてある掃除機に電流を送りいざ掃除に掛かるぞ! まずは掃除機周りに落ちてる髪の毛を回収だ

ブオオオオオオオーーーーーーー―――奴が出てきた。

何でだよ。お前が隠れた場所から1M以上の距離があるんだぞ。

しかも敷いてあるホットカーペットの下からである。なんてステルス性だ。

カーペットは掃除が大変と聞いたけどこういう事なんだなあなんて間違った知識を噛み締めながら、

掃除機で吸うわけにもいかないので掃除そっちのけで領収書を準備して―――いない。

ジーザス!! またかよ?! あめこうが新しく開発した新兵器か?!

出現した際の侵攻経路を考えてベッドの南側(さっきは北側にいた)を捜索。

いた、奴だ。

高速で蛸足電流の配線を上手に走る節足動物。まずい、領収書がうまくつかえない!

もたもたしてるうちに配線群の中へ。ちくせぅまた逃げられた!

仕方ない、掃除機で焙り出そう。

ほらさっきそれで出てきた(?)し、また出てきてくれるっしょ。

という訳で配線伝いに掃除機をかける。出てこない。

作戦領域に存在する動かせる邪魔物をどけてみるも・・・・いない。

あれ、吸っちまったか?

目を凝らしてみるもやっぱりいない。どこだよ馬鹿。

気付けば時刻は15時40分過ぎ。麻酔は切れた。よしチョコレートタイムだ。

一階の冷蔵庫からチョコレートを回収したあと、もう一度先程の地点を覗いてみた。

いねえ。

貴様あれか。今は身を潜めておいて、夜になって俺が寝てる間に襲おうって魂胆か。

なにせベッドの下に逃げたもんな!

ヒイイイイイイイイイイイイイイイイッ!!

もうやだこの田舎。50cm以下の生物のいない田舎に住みたい。

という訳で“歯医者の領収書で掬い上げて窓から捨てよう大作戦”は失敗に終わりましたとさ。

奴が最初に出てきたところから何か違和感が出てくるし。

泣きてえ。
くそエルのHP
プロフィール

tkoolerel

Author:tkoolerel
執筆環境:1000*800
フォント:16

iherb:PVQ224

※コメントにURLが含まれる場合、
 告知無く削除する場合があります。

最新の恥晒し5件
分別されたエル
検索

月別
全記事
最新コメント5件