遣る瀬無さと気持ち悪さと余りもの酷さがお送りする徒然日記。超個人的などうでもいい話やレビューなど
7月29日

昔の偉い人は言いました。

1に曰く道、2に曰く天、3に曰く地、4に曰く将、5に曰く法。」
 ※適当訳―――次の全てを味方にして初めて大事を成せる
  1つは自分ないし人を導くに足る事柄や思想の名分化による道標の提示
  2つは天候の善し悪し、有不利
  3つはいかに地の利を活かせるか、または抑えられるか
  4つは人的能力や人的資源などの人材力
  5つは関わるもの全ての管理、規律性






今日も今日とて歯医者の日、面倒だけどいかなければならないのである。

この時点で「1に曰く道」が揺らいでいます。やらないといけないとはいえ辛いっす。

しかし外を覗いてみればまあどうしましょう、雨が降っておりますね?

ぐぐってみたところ昼にはましになるみたいだけど大丈夫かなあ。

14時20分ほどに家を出た時は気にならない程度の小雨で、

これならまあ大丈夫だろうと傘を持たずに自転車で発車。

因みに家からクリニックまで50分近く掛かるので「3に曰く地」敵です

駅に到着して電車を待ってる間に「あれ、本当に15時だったかな」

と思ったので予約時間を確認、17時15分だった。その差はゆうに3時間近く。

恐らく17時と5時がごっちゃになって15時と間違えたのだと思いますが、

これで4と5が危うい状況に。


「このまま帰るのもなんだかなあ、かといって寄り道するようなところもないし・・・・」


仕方が無いので年金控除更新の為に市役所へ行く事に。

駅から遠くは無いので自転車でぎーこぎーこと向かい、初めて市役所に進入。

外観が尊大な建物に見えて仕方が無かったのですがまあそんなことはどうでもよく。

年金に関する受付を捜し当てたのはいいものの受付に誰もいない

えーどうすりゃいいのーと思いながら辺りを見回しても、他に年金の受付は無い。

そんな事してる間に別の人が戻ってきた受付の人と会話しててタイミングを逃す

しゃーねぇ待ってるかー。



あれ、お二人ともどこいくの?

なんかエレベーターに乗って行っちゃったよ、エルどうしたらいいの?

そのまま5分ほど待ってみるも戻ってこない。

あんまり待つのも面倒なので、受付の後ろで仕事してる人に担当してもらう事に。

というか受付に誰もいないっておかしいだろとは思う。

せめて他の受付と同様に不在の看板をおいといてくれ。


「年金控除ね。えーとね、ちゃんと更新されてるよ。


騙された! ※28日参照

というかそれは恐らく以前の年金に関する電話に対して、

「収入ないしそもそも払う気ないしで絶対支払わないからな」って言ったけど、

あれでちゃんと更新してくれてたんだね。じゃあエルは一体何しに来たんだ?

ここで「4に曰く将」「5に曰く法」が消滅。これなら家に帰るんだった。

ただ今年いっぱいまでではなかったらしいので、今年中は払わないと申生しておきました。

これだけじゃ何か遣る瀬無いので通り道でチョコレート*2とハイチュウを購入

虫歯治療中なのにこれである、「1に曰く道」も何もあったもんじゃない。



さてこの時点で15時10分ほど、予定時刻にはあと2時間。

まだ早いよなあと思いつつも、帰るのも正直面倒。

どうせ桜蘭の新刊まだだろうなと思いつつも書店で数分の時間を潰して結局駅へ。

あーどうやって暇潰そうかなあ。そうだハイチュウ食べよう。

お、なんですかあなたはエルなんか見て。もしやハイチュウを食べたいのですか?

あげませんよ。

ところで電車の中でこんな話を聞きました。


「カロリーメイト沢山食べて水(だったかな?)飲むと鼻血が出るらしいよ。」


嘘付け。



クリニック前の駅についたのはいいものの、流石に早すぎるよなあ。

そうだ、周辺を散歩しようか!

と言う訳で早速探索開始。お、神社っぽいのがあるぞ。

巫女さんが脳裏に浮かんだエルは間違いなく変人かそれとも変質者ですが、

折角なので寄っていってみる事に。べ、別に巫女さんが見たかった訳じゃないんだからっ///

うわぁ、砂が雨を吸ってて雨降った後の小学校の砂場が懐かしいよ。

それ以外に感想は特に無かったという。



その後クリニックに到着して三国志を読みながら待つ事1時間。

途中でうさぎのABCという声が聞こえた気がしましたが、

気にせず診療台に座って先生を待つ。因みに予定時刻より早かった。


「今日は右上と左下の型取りとかします。1時間半くらい掛かるかな。」


また型取りっすか。まあいいや先生を信じよう。


麻酔打ってますからねー。


打つ前に言ってくれ。



キュィィィィィイ―――

染みるー染みるーシビルーシビルー!おれーたちのぱわーを、つたえったーいー。


「左下も麻酔打ちますねー。」


えっ、ちょっとまってそっちは表面麻酔してないたたたたたたた

あ、そこはだめ痛い痛い痛い!!

ちょっと看護士だか女医だか何だか知らない人、暴れないから腕押さえるの止めてくれ

痛かったら左手上げろって言われてるのにどうしろと。


「これ痛い?」


いや腕押さえられてて伝えられないってば!


「仮歯外しますねー。」


あれ、なんか杭で打たれてるような感覚だよ? ほらかつんかつんって。

こういう外し方もあるんだね? うがいしたら血が出てきた。


「出血してるんで止血しますねー。」


何か塗ってると言うか張ってるというか・・まずっ


「型取りしますねー。」


あれ、何時もと違う型取りだ。キシリトールに違いは無いけど。


「ちょっと風かけますねー。」


ひゃぁあああっ!!

これは転んだ際の萌え語ではなく心の中での悲鳴

治療中の歯に風を吹きかけられただけでかなり染みた。勘弁して下さい。

先生は神経がまだ生きてるからと言ってたけど、こんなの初めてだべさ。

これ以降は特にネタになるような事は無かったので割愛。


「次回銀歯を試しに使ってみて、問題があるかどうか調べます。」


ああ、次こそ銀歯か・・・・


「お疲れ様でした。麻酔が効いてるので2時間くらいは食事を控えてください。」


てことは20時過ぎくらいか、晩飯は無しだな。



治療が終わったので時計を見てみると1時間半も経ってなかった

今日は早めに終わったなーと確かに体感してたけど本当に短かったのか。


「お会計が8400円になります。」


きっつ。


「次は今日の倍の・・・・、1万8千円も掛からないと思いますけどそれくらいは・・」


きっつ。今度銀行いかないと駄目か。



地元の駅に帰って来た時には行きしなよりも強い雨が降ってた。

ここで最後の「2に曰く天」が潰える。

エルはどうやら全てにおいて駄目なようです。ちくせぅ。





家に帰ると、


「あ、あんたの事すっかりわすれてた。」


いっそこのまま空気でいたい。
7月28日

流石に今日はネタないだろーと思ってたら母親からこんなお達しがありました。


「倒産が決まって、家うらないかん。」


築15年以上の田舎家がまともな金になるとも思えませんが。

それはさておき、借金が2億あるので自己破産するしかないとのこと。

なので売らないといけない。何とか売らないように頑張ってるものの可能性は高い、だそうで。

何をしたら2億も借金抱え込むようになるのか全く想像つかないなあ。

エルは自己破産についての知識は持っていないので固定資産の扱いなんて知りませんが、

時々電話でセールスしてくる塗装屋に言ったら何て返ってくるだろうか。

また次の様にも仰っておりました。


「倒産したら関連会社とか取引先の人にも迷惑がかかる。
 だからそういう人達が家に乗り込んでくるかも判らない。8月5日からそうなる。」


やけに具体的ですね。何時もそれくらい具体的にものを仰ってほしいものです。

しかし迷惑かかるのは判るが怒鳴り込んでくるってどういうこと?

いや実際にあるのか無いのかは知らないけど、うちはそんなに凄い会社だったのか?

確かに新聞にも小さく載ったことあるけどしがない中小印刷業だぞ

何を印刷してるのかは知りませんがね。専門は開発かも、なんか作ってたし。

そもそも印刷業自体何年も前から下火傾向で、余程の名声と技術がなければ生き残れない世界では?

従業員が数十人もいないほどの勢力でよくここまで保てたなと逆に感心しますが

しかも新技術を特許出来たのはいいものの、

それを上回る技術が出て来たらしくこの先生き残れないぜ状態

まあそもそも社長自体に問題がある会社が存えるとも思ってませんでしたがね

そんな会社に一言物申すと社長宅にまでやってくるとかどこの暇人だ

ああいやまてよ、それもしかしたら自分とこの社員じゃないの?

それなら十分納得出来る話だなあ。昼間でも電気くらいつけてやれよ。


「お父さんもお母さんも一週間くらい家を出るけど、あんたどうすんの。」


え、夜逃げ?

いやほとぼりが冷めるまで逃亡生活ってことなんだろうけども、

一体何したらそんな事態になるんだ? 電気だけじゃなく水も無かったとか。

というか根性無いなお前ら。片方は兎も角社長やる気ねえなあ

自分が蒔いた種なのに植えるだけ植えて世話してやらないとか最悪だぞ。

どうせ人に頭を下げるのがお嫌いなのでしょうね、プライドと自信だけは一丁前だし。

それが見事に遺伝してるのが辛いわ。

けどなあ、エルだって頭下げるくらいしたことあるんだぞー!



それは歯医者選びしてる時の事。外出前に米が届いたので金を立て替えといたら(7千ちょい)、

その後の歯医者で会計する時に金が無い事に気付く

その時は治療自体しなかったので料金自体は安かった。

問題はそれを除いても帰りの電車賃すらないほどの金欠状態で、200円もない。

やべーどうしよー支払いどころか阪急の電車賃すらない。

その事を告げると家に電話してはと電話を貸してくれたので直ぐさま家にダイヤル。

いるかないるかな。お、つながった。


エル「あのさあ、帰りの電車賃すらないから迎えに来て。」

母親「今から客が来るから無理。


ああ、子供の事はどうでもいいんですね。いや客待たせるのもあれだけどね。

幾ら言っても「無理、歩いて帰って来い」の一点張り。無茶言うね奥さん。

結局警察に事情を説明して金借りろと言われ、諦めて電話を切るエル。

うーーんどうすっかなー警察に借りるしかないかなあ・・・・ん、なんか背後からつつかれてる。


座ってたおっさん「これ、使いな。」


そんな馬鹿な?! 見ず知らずの人間に千円札を渡すとな!!

その場で土下座したね。捨てる神あれば拾う神もまたいるもんだ。

そのお金は先生から“拾う神”に返却されて白紙に戻った訳ですがね。 ←オチ

結局支払いは明日にしてもらいました。そういえば前にも金足りないなんて事あったなあ。

え、帰り? 子供料金で帰ったよ。



話がずれた。

話を戻して。「電話のコードも表札も取り外すから数日は家にいない方がいい」とのこと。

面白いほど怖がってるなあ、ディアブロの魔の手なのか饅頭の力かは知りませんが。


「家にいたいならいてもいいけど、冷房の室外機の音とかでいることがばれるよ。

 荷物もこの家に指定しない方がいいし、名乗るなら○○(母親の旧姓)にしなさい。」


無駄に用心してるね、その根性を何故今更発揮するのか。

室外機の音ってそんな大きいものでもないと思うし、動いてるかどうかなんて

向かいの家の二階から覗かないと見えない位置だぞ。

借金取りの如きねちっこく家の外周を調べまわったりするのか? 暇人過ぎるだろ。

もし本当ならそんな事させるまでに至ったその経緯が知りたいわ

電気や水道だけでなくガスまでも制限してたのか? いや給料だな。


「お父さんはもうあんなんなっちゃって働けないから。
 お母さんもリュウマチで何処も雇ってくれないし。」


胃を切ったら働けなるんですね、初耳です。リュウマチも初耳なんですが。

だからこの間温泉旅館のパンフレットみてたのか有馬温泉なら近いですよ。

どちらの症状もよくは知らないけど、それより年齢制限に引っかかるのでは?

親父は「橋の下でブルーシート暮らしする」なんて大言してたからどうでもいいけどね。


「連絡取る為におばあちゃん名義で携帯渡すから。」


そういやお前、俺の名義で携帯とってたろ。エルは知ってるんだぞ。

というかそれ規約違反じゃないの?

しかしエルは“携帯持たない同盟”の盟主なので出来れば持ちたくない

pcのメールでは駄目なのかと聞くと、ずっとpcの前にいないといけないじゃんと突っ込み。

うんまあ確かにそうだ。その点携帯は便利だよね、持ちたくないけど。


「それともう一つ、8月までに年金控除の更新にいかないといけない。
 やっとかないと後で色々面倒だから明日行って来い。」


エルは働いてない、というか払う気が一切無いので年金を支払っていませんでした。

それの手続きをまたしないといけないらしい、そういうことはさっさと言え。

なんで毎度毎度重要な事をすっ飛ばすんだお前らは。

明日はどの道歯医者なので出かけるけど、市役所までいくのめんでー。

次電話来た時に「払いたくないで御座る、絶対払いたくないで御座る」じゃ駄目なのかな?

寧ろ(自称)102歳なので年金下さい
7月27日

親父様よりどうでもいい有り難いお言葉を頂きました。


「カーテンあけて日光入れないとお前、病気になるぞ。」


何を今更。そもそもエルが病原菌、寧ろ寄生虫

それはさておき、エルの部屋は6畳ほどの洋室でモニターとpcは扉側。窓はその真後ろという状況。

扉と窓を側面として見れば縦長となり、しかも窓自体割と大きい。

つまり直射日光が凄い。当然ながらモニターに反射するので非常に眼に悪い

なので少し前に遮光カーテンを買った訳ですが(カーテン自体はあったが遮光度が足りなかった)。

それを見事に全否定されるようです。モニターの反射光には興味が御座いませんか?


「光を入れずに真っ暗にしてると、身体の昼夜のサイクルがおかしくなるんだぞ。
 人間にはな、朝起きて夜に寝るっていうサイクルがあんのや。
 日光浴びない今みたいな生活続けてたら身体おかしくなるぞ。」


そもそも頭がおかしい。

真っ暗というほど暗くは無いし、電気消しても案外光って隙間から見えるもんなんだよね。

そもそも昼夜のサイクルがおかしくなるほどってどれだけ引き篭もればいいんですか

今でも朝起きて夜寝てるし、昼に眠くなるのも昔からあった現象。

最近とはいえ歯医者の為に外にでてるし、部屋から一歩も出ない生活してる訳じゃないんだぞ。

もっと言えばエルは熱に弱く、体温が急上昇すると蕁麻疹が出るんですよ。

急上昇しなければいいってもんでもなく、除湿がきいてるとはいえ日光で体力消耗して精神をけずり

眩しさでストレス溜めてまで太陽光浴びようとは思わんわ。


「モニターに反射するなら向きを変えろ。」


ご尤も且つ確実な方法ですね、おそらく一番まともな言い分ではないでしょうか?

さてこれについて検証してみましょう。結果から言うと無理

6畳のうち1/3がベッドと衣服の収納箱のスペースで、残りはほぼ正方形の面積。

これだけの広さで以下のものを全て部屋に詰め込む必要があります。

・pcセット ・その周辺機具と実際に使用する机となるコタツ ・ゴミ箱
・東芝製ワイドバズーカtv ・ps2、3 ・可動式用具入れ

更にルータなどの動かしたくない機具があり、その上に小さな机を使ってモニターを配置している現状。

正直今で既に狭い。使う分でぎりぎりのスペースで、人一人通れる程度の隙間しか開いていない。

これ以上どう変えろと。

というかその辺りはこの部屋に変わった時に考えに考えた結果がこれであって、

今更良案が出て来るはずも無い。金を使えば別だろうけどそんな金はもうない。

仮に日光の一番反射しない「窓側にモニターを設置」したとしてみましょうか。

以前ベッドで寝る際にそれと同じ要領で頭の向きを変えて寝た事があったけど朝はやっぱり眩しい。

確かに反射は大分軽減されるだろうが今度はエル本人がまぶしい

それに動かせない機具の上に机を使ってモニターを置いててまだ若干狭いのに、

これ以上狭くしてどうすんだ。座椅子やめりゃ問題ないけどね。

まあスペースが全く開いてないわけじゃないからこれを理由にはちょっち乏しいけどね。

もっと言えば今の位置が最もコンセントが多く確保出来る位置であって、

動かせない機具はコードが短いというのもあってそっとしておいてやりたい

延長コード使ってもどの道コンセントが足りないか、配線が邪魔になるだけ。

蛸足? 怖くて使えるか。

もし誰かが急に入ってきたら画面丸見えだし。

では次にベッドの反対側、つまり「窓と扉の側面となる位置」に設置したと仮定してみよう。

結論、コンセントは兎も角tvのアンテナがここしかないから無理

しかもそうすると扉側にあるコンセントを使う事になるので配線が邪魔。

では次に「ベッドを移動させてそのスペースに設置」するとしましょうか。

結論、そもそもベッドを動かす力がない。大体ベッドは何処にいくんだ。

動かすの手伝ってもらえ? 口ばかりで手も頭も動かない、

おまけに電話もとらない奴が手伝うはずがない。


総じて無理。デメリットが大きいし多すぎて話にならない。


「そもそも昼間から電気つけてるほうがおかしいんだよ。」


今時ついてないほうが珍しいと思いますが? つけない事を否定する訳じゃないが。

学校やそこいらの店でも普通についてるだろ、ましてや会社でもつけてると思うけど。

まさか自分の会社では節電とかいって太陽のあるうちは電気をつけないんだろうか?

流石にそんな事は無いと思うが、もしそうだとしたら社員に謝れ

それともあれか、裸電球が馬鹿売れしてた時代がなつかしいよーってか?

お前幾つだよって話だけども。

一般家庭でも普通に付けてるもんだし、そりゃうちは一軒家だから日光には事欠かないけどさ。

マンション暮らしの人にも一言一句違わず言ってみて下さい。

それに電気とは別の話だけど、

夜に蝋燭もって外で皆と遊んでいたというどこぞの国の昔話には興味が御座いませんか?

それこそ現代人からみたら昼夜逆転してる気がしますが。

まあそんなこと仰いますなら自分がそうしたらいいんじゃないですかね


「反射とかどうでもええやろ。」


良くないだろ、いやあなた様自身はどうでもいいでしょうけどね。

本人じゃないしな。


「自分の身体の事やぞ、お前の為を思って言ってるんや。」


嘘つけ蛸助。貴様に何度殴られたと思ってんだ、お?

確か以前飯食うなとか言ってましたよね、矛盾してませんか?

昔に矛盾という言葉について尋ねられましたが、

その時詳細に説明したエルの苦労は無駄だったようです。

あなたは折れる側ですか貫かれる側ですか?

まあそんな事を仰いますなら病院で胃を切った自分の身をまず案じては?

一つ前の言い分と明らかに相反してるし。要するにpc使うなってことか?

pc無くなったらお前あれだぞ、ずっと寝てるぞ?

働けって? めんどーい☆



だめだこいつら、早く何とかしないと・・・・出来る訳無いか

勿論エルにも問題はありますよ、というか問題の塊

因みにエルは全く喋らなかったので親父のスーパー独り言タイムだった訳ですが、

その間約一分程度

その程度の内容でここまで長々と突っ込めるのも凄い話だと思うね。

エルが凄いのか親父が凄いのかは知らん

というかこいつ本当に大人か? どっかでほっつき歩いてる中学生じゃないの?

子供とコミュニケーションも取れない、ましてやまともな事もいえない。

そんな奴でも人の親にも社長にもなれる今の世は本当に怖い。



因みに窓から普通に向かいの家どころかその向こう側のマンションが覗ける訳ですが、

こちらから見えるのだから向こう側からでも見えるのは至極当然な話な訳で。

エルのプライバシーについては全く考慮してない。

まあ自分の部屋はあけっぱどころか風呂場の扉もあけっぱにしてるし(閉めろや)

中学生の時に「部屋の扉は閉めるな、開けてろ」という発現でボージャクブ人ぶりを発揮してたし。

あ、そうか。ボージャクブ人という人種だから日本人じゃないのか。

そりゃ日本語も判らなくて矛盾が発生する訳だ。

嫌な納得の仕方である。



しかし長文になるとどうしても日本語がおかしくなるなあ・・・・
7月26日

ハンバーグ食い終わった後に気付いた事。

ふとケチャップの蓋を見てみたら賞味期限が2009年10月22日になってた。

普通に食えたけど大丈夫かなあ・・・・

関係ないけど筋肉痛って案外長引くよね。





さて予定通り「エル、トモダチとアソブ ~後編~」をお送りします。

見る人なんている筈も無いので独り言ですが



ボーリングの後はカラオケと決まっていたものの、時間が中途半端らしくゲーセンへ。

といってもエルはゲーセンに興味は無いので見てるだけ。金もったいないし。

Uが初音ミクやワンピースのUFOキャッチャーに金を注ぎ込むもあえなく撃沈ざまぁ。

代わりにFがドラゴンボールのオイルライターを戦果としたようです。飾るらしい。



軽く時間も潰せたところで本日のメインディッシュ、KARAOKE。

いや別に期待してたとかじゃないけど、集まってやることって大体これと相場が決まってるんだよね。

子供も連れて行くことに若干の不安はあったものの、

逆に大音量の中で寝れるその根性を見習いたくなった。

しかし以前からカラオケに対して思ってたけど、音程や音の高低。

更には歌詞まで弄るの止めてほしい

歌いにくくて適わん。一体何考えてんだdamは。

それはさておきエル特製の日替わりメニューはこちら。


take me home.country road  洋歌
青いベンチ  表歌
永遠のアセリア  裏歌・18rゲ
eternal braze  裏歌・アニメ
鳥の詩  裏歌・18rゲ
light the light  裏歌・アニメ
ロード  表歌


3時間でこの数は多いのか少ないのか判断がつきかねますが、今回のメンバーの中では多い方だったかも。

因みに他に歌いたかったメニューはこちら。


everywhere you look  洋歌
amethyst  裏歌・18ゲ
beloved ~桜の彼方へ~  裏歌・18rゲ
thinker  音楽・ゲーム
guilty beauty love  裏歌・アニメ
レッツゴーゲキガンガースリー  裏歌・アニメ


見事に節操の無いレパートリーである。

このうちguilty beauty love以外が未登録だったので仕方ないけど、

この歌は前回歌った時に引かれた気がしたのでやめました。

殿のようにナルシストでも無ければ美形でもないし、

そもそも冗談で済ませられるオタク仲間はこの中で師匠ことUしかいない。

更に言うとエルは最近の曲は全く知らず、一昔か二昔前の曲ばかりきいているので

現在の表裏共に音楽業界の動きやら事情やらを全く知りません

故に節操無しのレパートリーになる訳です。

そのUも今回は抑え目だったので一人で突っ込むのもただの阿呆だなあと。

ほら言うじゃないっすか、赤信号 皆で渡れば 怖くない って。

逆に言えばただの根性なしなんですけどね。

ところで話は少し遡ってこの店は変わったシステムを採用しており、

料金が“黒髭危機一髪”で飛ばずに十回まで刺せた回数分-100円されるとのこと。

恐らく3時間フリータイムのコースを選んだからだと思われるが、ほうほう面白い発想だ。

勿論チャレンジ、まずはNが一発ゆっくりプスッと。飛ばない。

安堵した様子のN。流石に一発で失敗なんて出来ないよな。

そんなNはどうやら皆に回したいらしく、次は何故かエルの番らしい。

時間かけるのもあれだしさっさとやっちまおう。ぷすっ、ぽんっ!


「100円引きですねー。」


浴びる全方位からの非難の視線。エルはムンクの叫び状態

ごめん、ごめんってば!!

カラオケ中何度かネタにされました。グレンキャノンまでつけなくていいから。



さて3時間もカラオケ店にいたので夕食の時間。既に辺りは暗く、何時もなら風呂飯の時間である。

エルは金がないので安いとこがいいと言うと、Nが中華の気分と言う事で餃子の王将に決定。

しかしいざ向かってみると混んでる様子。仕方が無いので引き返す

先程のカラオケ店は3階建ての建物で、2階に鉄板焼きの店があるのでそこへいくとのこと。

二度も同じ場所に来るとは思ってなかったね。面白い事もあるもんだ。



こちらの店では、客こそ大勢いたものの店が広いので待つ事も無く席へ。

Nはこの店に来た事があるらしく、お気に入りのものがあるとか。勿論エルは初めて。

さてエルはどうしましょうかね、なんか焼きそばで780円とか書いてあるけども。

って高すぎるわ!

こんなの食ってたら金が幾らあっても足りん。仕方ない餃子一つで済ませよう。400円也。

N夫妻の料理が早速届く中、エルは待ち惚け。餃子一つで時間かかるもんだなあ。

続いてUの料理も届き、更に数分してやっと餃子が届く。皿には5個しか乗ってなかった。

す、すくねぇ~~・・

しかも食い応えがあるわけでも美味い訳でもなく。タレは悪くなかったけどね。

もぐもぐ、寂しいよう。


F「おい爺、まさか俺のまってるんちゃうやろうな?」

E「え?」

F「俺のぱくる気やろ。」


あ、それいいな。そうしよう。

それから更に数分して(Fのは更に遅かった)Fの料理が到着。


F「別にくってええよ。


良き友人を持ったもんだ。もぐもぐ・・


E「Nの焼きそばのほうが食べやすいな。」

F「俺のあんまりうまくないわ。」


何とも切ない話である。

因みにカラオケよりもこういう何でもない時間の方が盛り上がるメンバー。もしやカラオケいらないんじゃね?

酒の無い宴が盛り上がってきたところで、エルにとって驚きの事実を聞かされる。


N「Kが結婚するってよ。


えっ!?

Kといえば同じく高校の同級生の男、誰もが認める馬鹿な子

とはいってもエルも馬鹿だしそもそも高校自体馬鹿が行くようなところだったので、

これだけではどう馬鹿なのか判りませんね。

と言う訳で覚えてる限りの彼の馬鹿っぷりを箇条書きで掲載。


 ・「てにをは」が判らない。
 ・漢字もほぼ読めない。 ※「これなんてよむん?」 「小学生で習う漢字ですが」
 ・寧ろ文字がろくに読めてない。 ※メールの内容をそのまま別人に送って解読してもらうことがあるらしい
 ・しかし何故か自信だけはたっぷり
 ・N「奢れや。」 K「すいません奢ります。」 ※これは両方おかしい
 ・とある女と付き合ってる最中は褒めちぎって、別れると途端に悪口を言う。


あれ、全然覚えてないわ。これだけじゃさっぱり判らんぞ。

他にも色々あった筈なんだけどなあ、Nにきいたらわんさか出て来そうだけどやめとこう。

他人を貶すブログじゃなくてエルを貶すブログだし

それにバイトとか彼女とかに関しては頑張ってたみたいだからエルよりは凄い奴だとは思う、色々な意味で。

恐らく彼は根っからの体育会系なんだろう、野球やってたし。

まあそんなKが行き成り籍を入れるとはまた突拍子も無い。しかも前付き合ってた女とは違うらしい。


E「前の女は?」

N「別れたよ。」


数年来の付き合いだったと思うけど、何をしでかしたのやら。

何時別れたのかは判らないが数年も経ってない気がする。大丈夫かあいつ。

因みに前の女はメンバーからはインドと呼ばれてた(詳細不明)。


F「ご祝辞どうする。」

N「2万でいいんちゃう?」

E「1万でいいんじゃね。」


エルはびた一文出しませんがね。そんな金あったら空気清浄機買うわ。

Kの話もそこそこに、今度は旅行の話に。

Nはこのメンバー+αで小旅行にいきたいらしい。これは前々から言われていた事。

行き先も決まっており、後は皆の予定次第。8月か遅くとも9月を予定しているとか。


F「俺もまあ多分大丈夫。」

U「俺も大丈夫やと思う、確か何も無かった気がする。」

E「」

N「お前ニートやから何もないやろ。」


うんまあ確かに仰る通りで御座います。というかエル連れて行っても面白くないぞ。

しかも最近は歯医者があるので必ずいけるともいえないんだよね。旅行めんどくさいし。

ところでUは余り会話に参加して内容に見えますが、いえいえちゃんと参加してます。


E「歯を仮に詰めたところがすんごい違和感あってさー。」

U「あー判る。」

E「判ってくれるか。」


虫歯の話でエルと盛り上がってます。彼も軽く埋めた事があるようです。

勿論こんな盛り上がる確率0%の話題だけではありませんが

そもそもUは余り喋る方ではないので何時もこんなもんです。エルよりは会話に参加出来てるけどな。

因みに奥は男ばかりで遠慮してるのか子供に忙しいのか、殆ど会話に入らない。

何も手伝えないけど心の中で応援しておきます。育児は大変だよね。



そんなこんなで夕食も終わり解散の流れと・・


N「んで日程どうしようか。」


決まってなかったのね。

ここでまた雑談やら旅行のことやらで色々と盛り上がる。

あ、こら子供。枕を地面に押し付けるな。


N「お前、車の後ろでサーフィンな。」


U「トランクの中にはいろっか。」


何とも微笑ましい光景ですよね。死体は出先の海に捨てといてね。

N「一応Kにも声かけとくか。」

F「一人で目的地まで来いっていっとけばええやろ。」

E「いやくるのかそれ。」

N「くるやろ、あいつ阿呆やし。


阿呆以前の問題だと思います。

しかしこんな内容で十数分も話せるってのが凄い気はする。

幸い夜だったのでそこまで暑くは無かったからいいけどね。



日程が8月上旬と決まったところで解散する事に。

「やっと帰れるなー」なんて思ってた訳じゃないよ、いや本当に。

例え貶されようがスルーされようが出費で涙を流そうが、それなりに楽しめた訳でしてね。

ただなんかこー物足りない気が・・・・

ああわかった、今日ははっちゃける奴がいなかったからだ。

掘り下げたり悪乗りが大好きなIや、18rゲの主人公の名前にもなったA、考える事が色々と危ないW。

などなど自ら率先してネタに走る個性豊かで危ない奴がいない

勿論一番危ないのはエルですがね。お、お嬢さん。今日の髪の毛何色・・カナ? カナ?

そういう訳なので危ない方向で盛り上がる事が無かった訳だ。

世の中平和が一番ってことか。偽善と虚像の平和だけどな。



別の車に乗って帰るFには別れの言葉として「歯ぁ磨けよー!」と言って別れ、

帰りは毎度ながら三田駅まで送ってもらう事に。

Uは今日はずっとFの車に乗っていたが、今回は一緒に送っていくという事でNの車に同席。

その短い間で何故かエルの話で盛り上がる


N「こんなにお前の話で盛り上がるの初めてちゃうん?」


盛り上がりすぎてこんな事言われる始末。エルの扱いがよく判りますよね。

事実に違いは無いので「そうだなーw」と返しておきましたが、エルって何でお呼ばれされてるんだろうな?

何度も言うけど別に嫌じゃないんだよ。好きでもないけど。



駅前で「宿題しろよ!」と別れを告げてjr三田駅へ。

歩道橋でストリートミュージックが聞こえてきたけど興味が無いので無視。

駐輪場で空気を入れたかったけど、時間が時間なのでそのまま帰宅。

軽くシャワーを浴びて寝るかなと思ってたら親父が入ってる様子。

おいおい23時だぞ、別に仕事いってた訳でもあるまいし。

暑くて汗だくになりながら待ってると何故か全裸でトイレからでてくるくそ親父

なんで裸なんだよ、風呂で溺れて死んでしまえ!

幸い明後日の方向を向いていたので致命傷は避けました。

それから更に数分経ってようやく親父が風呂からあがった模様。下着一丁で。

あれか、年取ると羞恥心がなくなるのか

同性なんだしいいじゃん? そんなこという奴は風呂場で滑って死んでしまえ



そういえば「悲しい事があればもう直ぐ楽しい事があるから」って歌詞あったよね。

帰る時には既に足が痛かったし、明日筋肉痛なりそうだなあなんて思ってたら本当になった

その逆もまた然りってわけだ。泣けてくらぁ、だねえ。





行数にして300を超えた「エル、トモダチとアソブ」はこれでお終い。

その時は言うほどネタにならないような事も、

文字にすると案外ネタになるもんだね。面白いかは別としてな。

さーディアブロ2の続きすっかなー。
7月25日

麻酔を使いすぎたせいなのか治療の一時的な後遺症なのか、

それとも<注射の針を刺しすぎたからなのかは判らないけど右側の下唇の中が地味に痛む。

昨日は筋肉痛を押して歯医者へいき、歯磨きを忘れて口の中が汚いと罵られ

麻酔漬けの中で銀歯を挿し、夜中の帰宅を果たすという中々なだらけ。

自分で言ってて訳判らん。

あ、そういえば昨日は普通に寝れた。


さて今日は昨日書き損ねた23日の「エル、トモダチとアソブ ~前編~」をお送りします。

どうせこんなとこ誰も見ないだろうけどな。いやーアクセス解析は偉大だね



集合場所はJR三田駅付近なので、宝塚からJRで三田へ。

自転車の後輪に引っ付いてた蝉の抜け殻っぽいのを剥ぎ取っていざ出発。

やー阪急宝塚駅は数ヶ月間で何度か来たけど、JRの方は半年以上も来てないなあ。

あれ、改札何処だ?

改装中なのは数年前から変わってないけど、改札が見当たらない。

どこだ、まさか通り過ぎたか? 通り過ぎてた。

なんで改札が二階になってんの。逆に不便じゃないんっすか?

しかし驚いた事にかなり綺麗。どこの都会かと思った。

しかも改札前に“eki mache”という小さなショッピングモールっぽいのが出来てた。

宝塚に一体何があったんだ・・・・

時間もおしてるのでeki macheは帰り際に寄るとして、切符を購入して入場。

そもそも改修する必要あるんかなあ、別に駅自体が広くなってるわけでもないみたいだし。

それより阪急の宝塚~西宮北口間を何とかしてほしいね。

昼だろうが平日だろうがお構い無しに仁川辺りから混む。



そんなどうでもいいことを考えながら目的地に到着、時間は予定時間丁度。

そこにいたのは3つの人影に1つの幼子

“3人うきうきをっちんぐ”じゃないだろうなという不安は見事に消えてくれました。

一人は今回の主催者であるN。もう一人はその奥様で、幼子はお二人のお子様に御座います。

階段に座る一人は通称師匠と呼ばれているU。最近まで大学生だったけど卒業して現在ニートだそうです。

こっちの水は美味いぞ?

因みに奥様は同じ高校の後輩に当たり、ここ数年まで殆ど面識が無かったし

会話も無いも同然だったのでエルは奥様の名前を知らない

なので便宜上“奥”と呼称させて頂きます。変換めんどくせえ。

ところで我々高校時代のチームメイト(?)の中でで結婚してるのはこの二人のみ。

そこいらの若者達なら自分達のグループにそんなのがいたら、

「ターゲット確認、排除開始」とかいって必殺の一撃をお見舞いしていくんだろうけど、

別段そういうこともなく。



数分後、Nや奥とは非常に仲のいいFが車で登場。

これでメンバーが揃ったとの事。やっぱりすくねえ。

さてメンバーが揃ったところで・・・・何も無い

いや本当に何も無い、予定がまるでないのである。


N「んじゃどこいく?」

F「さー。」

U「さー。」

E「さー。」 ←エル


こんな調子。

室内で涼んでいる訳でもなし、暑くてかなわん。

そんな中でFがきても10分以上話し込む3人。エルは帳の外。

だって話の内容についていけないもん。車とかさっぱり判らん。


F「俺新しい車かってん。」

N「俺も。

E「金あんなあ。」

N「この間通帳見たら300万あった。」


1.羨む。
2.軽く聞き流す。
3.ころしてでも うばいとる。

金持ちうぜー。働けよという突っ込みは無視します。

ブルジョワはエルの敵。2%でいいから寄越しなさい。

そんなエルの曲がりくねった精神を余所に話は続いていく。


F「○○から電話きた?」

N「いやきてないなあ。」


やっぱり話についていけないエル。まあ何時もの事ですけどね。

何時もの事故に何時も思うのが「何でここにいるんだろう、何で呼ばれたんだろう。」

じゃあ自分から話したり話題作ればいいじゃん? 7割の確率で流されます。

全く楽しめてないという訳ではないのでいいっちゃいいけど、寂しいっちゃ寂しいです。

因みに奥も余り話に入らない、というかどこかに行ったりしてるし赤ん坊がいるしな。他全員男だし。

途中で奥が「シャンプー買いたい」と言うので、涼む為にも皆でジャパンへ。

そういやエルもシャンプーの残り少ないんだよなーと思ってシャンプー売り場へ。


「えーない、ない、ない、ない、ない、ないないないないない、ないない・・


ほしいの無かった。一方奥はお目当てのものを発見した模様。

うーん、キリン堂にもジャパンにもない。やはりネットで買うしかないか。

別にそんな珍しいものでもないんだけどなあ、CMやってないってだけなのに。

因みにエルが使ってるシャンプーは“pure natural”です。



数分後、サントリーの天然水「奥大山」を買うエルがそこにいた。



おいレジスター、500ml一本が183円ってなんだ。


「あ、すいません。87円です。」



一体何をどうしたらそんな値段になったんだ。



はてさて一行は結局今後の予定が決まらないのでNの家に行く事に。

Nの家なのでそこはつまり愛の巣なのですが、何度もお邪魔してるので問題ありません。

しかも3人暮らしではなくNの父親やおばさん(詳細不明)もおり、

更に犬や猫やハムスターやカラスなど沢山の家族に恵まれた素敵なお家なのです

最近ハムスターが子供を産んだらしいのでまさに家族の大安売り状態

余りにも家族が多いのでFに「ハムスターいらへん? 猫のえさにしてもいいから。」

という由々しきメールを送ったそうで。早くも一家離散か?


N家について奥からの一言。


「服持ってきますね。」


忘れてた。そういえば去年の宴会で置き忘れてたんだった。

服といっても冬用の上着だからな?

しかもご丁寧にハンガーにかけてくれました。何てお優しい。

ところでNはノートpcを持っているものの、pcの知識は皆無同然。

2年ほど前にエルがavastを入れたのはいいが更新期限が切れたまま放置されており、

よく見たらfwが入ってない(標準のもの)という色々と危ない状態。

osがvistaならまだ判らなくも無いがxpなので付属以外のfwが入ってないってのは流石にどうよ。

まあ問題無いみたいけどさ。

「fwって何?」なんて仰られるほどの無知っぷりで、

お前本当にpc関係の授業、聞いてなかったんだなと思う他無かった。

なので今の内にavastの登録更新をやってしまう事に。

序に一々説明するのも面倒なので箇条書きの説明書も作る事に。

なんて友達甲斐のあるエルなんだ。


F「まだー。」


まだだよそんなすぐ出来るわけ無いだろ。ie立ち上がるのおせー・・


F「まだかー、cd焼く方がはやいんじゃねーの。」


知るかよ、今時usbだろ能力的に考えて。うわー使い難いーいらんデータ消したい消したい消したい消したい。


F「くそじじいまだかよ。


どうせやる事無いだろ! 何で勝手に前の頁に戻るんだよ登録できねえじゃねえか。


F「まだおわらへんのー?」


それを言う前にまず今後の予定を決めてください。あっれ何で確認メールこないんだ?


N「なんかおもろい事書いてる。」


お前の為に書いてんだよ、前言った事全部忘れてるみたいだからな。


F「なーcd焼いていい?」


冗談じゃなかったのかよ!!

説明書も大体書き終わったので席を交代。

登録しただけでプログラムの更新はしてないけどもう知らん

お、猫だ。あー猫可愛いよ猫。

この猫、何時も子供に蹴られてるだけあって人馴れしており、

殆ど面識の無かったエルにも擦り寄ってくる。

萌えずしてなんとしろと。

よーーしよしよしよしよーし。あ、寝転がった。萌え。

なでなでなでなで。あ、仰向けになった。萌え。

すりすりすりすり。あ、こら子供蹴るな。萌えない。



そんな馬鹿な事をしてたり話したりしてるうちに飯時になってきたので、全員で外食に行く事に。

去年置き忘れていた冬服を夏の今に着る訳にもいかないので腰に巻くエル暑いわこれ。


さて、エルは全財産が10万も無いので少しでも出費を抑えなければならない。

つまりお高いものなど「しかしこれはナンセンスだ。」

そんな大佐からの電波が届いたのかは存じ上げませんが、700円で収める事に。

一行が訪れたのはチェーンのハンバーグステーキ店。

何度か皆と訪れた事のある店ですが、良くもあり悪くもある思い出が一つ。

それのお陰でここのフライドポテトはバスケットの中に袋入りのケチャップと共にやってくる

というどうでもいい事を覚えていて、メニューに掲載されている写真が皿に盛られている事に驚き。

ケチャップが袋詰めではなく専用の容器に入っていた事に二重の驚き。

どうでもいいですよね。

それより子供がはしゃぐのでNや奥が構う訳だけど、その間にも食べる余裕があり

しかも一番初めに食べ始めていたにも関わらず、

食べ終わるのが最後だったエルって一体何だろう

二番目に遅かった奥は子供の相手をしていたので遅いのも判るが、エルは何でだろう?

「子供可愛いなあハァハァ」とか「ふひ、ふひひひひ」とか「明日大丈夫かなあ」とか。

そんな事を考えていた訳でもないのに。量も他と大して変わらないのに。

食べるの遅いだけか。



食事を終えて早々と立ち去った一行の次なる目的地はボーリング。

それ以前に奥から「車に乗る際に扉を開けてくれる」という淑女もびっくりなサービスを提供して頂いたので、

子供を抱えているのにそんなことさせられるかとエルの“紳士という名の変人”に灯が灯る。

我負けじと助手席の扉を開けておくというサービスを提供、

それ以降からエルの話題に乗るようになってくれました。  ←ちょっと嬉しい

恐らく今日が始めて奥とまともにコミュニケーションをとった日であっただろう。

友人の奥方と仲良くなっておくのも、今後の為になるはずである。別に何かある訳も無いけどね。

話を戻して。正直余り好きでもないし金の心配もあるし筋肉痛になりたくなかったしで辞退を宣言。


N「え。」

U「そんな選択肢、ないよ。」


ナンテ↓コッタ、パンナ↑コッタ。

しかしそんなエルを気遣ってくれたのか、3ゲーム代は奢ってくれるらしい。300円。


F「靴代くらいはあるよな?」


いやそもそも金は持ってきてるから普通に払えるけど無理に誘ってくれなくてもいいんだよ?

それはまあ皆の優しさという事にしておきますが。靴代300円か。

1ゲーム代より靴代のほうが高いってどうなんだ。

さて試合開始、因みに奥はやらないらしいので4人で遊ぶ事に。

以下はうろ覚えながら、自店の広告よりサントリーアサヒの広告の方がでかい成績表を片手に。

まず先にエルの成績発表。


bowler:エル
A 1.- 9.- 8.- 9.- 8.- 7.2 3.5 6.3 8.- 1.8 78/78 心の痛みを知らぬ者め!
B 7.2 7.1 g.9 7.- 3.1 9.- 9.- 3.3 6.2 4.4 77/155 奥義っ!
C 1.2 1.5 8.- g.- スト 1.1 4.- 1.6 3.ス g.- 52/207 ボイドエクストリーーーム!!


見たか、私の技を!

先に断っておきますがエルは球技全般下手です

ボーリングで言えば、以前ボールを投げたら重さに耐えかねてこけた事があるほど。

さて順を追って解説していきましょう。

まずエルはネカマだったので非力

7ポンドでも重いと唸るほどですが、軽いのは指が入らないので我慢して9ポンドで家庭教師のトライ。

ご覧の通り、一回戦5回まで2球目連続ガーターを弾き出す。

その後はわりといいスコアを出し、予想を上回るスコアに。

二回戦目、早くも止めたくなっているエルを他所にゲームは続きます。腕辛くなってきた。

ここでもやはりガーターを免れずスコアは先程と大して変わらず。

しかしエルはここでスコアではなく別の場所で見所を作った。


 そのいち、何故か小指に出来た切り傷をアピール。
 そのに、投げたら9割率で曲がってどっかいく。またピンポイントを狙うと直進してピンを素通り。
 そのさん、ガーターに入ったにも関わらずレーン後ろでボールが跳ねて後ろのピンを吹き飛ばす。
 そのよん、子供がアイス食ってるのを見て食べたくなったのでNにねだる(作戦失敗)。
 そのご、利き腕じゃない左手で投げる。結果は右手と大して変わらず(やりにくいだけ)。
 そのろく、ゾンミ宜しく全てをなぎ倒す11ポンド魔球を「轢、殺」という掛け声と共に投球。結果はお察し。
 そのなな、余りに酷いしネタにもなってかエルが投げる度に笑いの声


流石はエル、ボーリングでも見事に変人ぶりを発揮。

近寄るとエンストとかチャージングとかするぜ?

特にそのさんが面白く、しかも何度も発現したので動画にして残したかったほど。

惜しい、実に惜しい。

なんて下らない事を考えてるうちにNとUはストライクを出す。

特にUの戦力が圧倒的で、我が軍の総力を持ってしても対抗する事あたわじ。

スロースターターらしいFも、最初はエルに負けていたものの頭角を現し始めた。

いやまあエルが負けるのは最初から判ってたので、寧ろ安心できる訳ですが

取り合えずU、どうやったら3回連続でストライクなんか出せるのか教えやがれ。


「うん、真っ直ぐ投げればいいよ。」


出来れば苦労しないさ。



さて最終戦、NとUとの圧倒的戦力差を尻目にエルはご覧の有様のスコアをたたき出す

一回くらいはストライクとっときたいなーと思ってたので取れたのは嬉しいけどさ。

スコアが下がったっていうね。

追い討ちをかけるようにFも初ストライクを出してからというもの、ストライクを連発。

満を持しての敗北。俺ざまぁ。

詳細は覚えてないけど圧倒的戦力のUは一人300超え。エルは200やっと。

くっせぅ、ただ球を転がすだけじゃないか!

べ、別に悔しくなんかっ無いんだから!!///

ん、このカードはなんですか。え、今度来る時に出すと安くなる?

ああ、つまりまた強制参加の流れになる訳ですね。捨てればいいかな?

あー腕いてえ



続く。
7月24日

21時に帰ってきて物理的にしんどいので簡潔に。

今回の治療について、二文字で表すとしたら「痛い」

そもそも現在進行形で筋肉痛が「痛い」





駐輪場で自転車のタイヤに空気を入れていざ出陣。

改札出る際に別のラガールカードを入れたせいで改札機がエラーをはいた事以外は特に何もなし。



今日は右上下に銀歯をはめて、右下の軽い虫歯も治療するとの事。

これが無事に終わればあとは左下のブリッジをする部分だけ。

もうすぐだ、もうすぐ俺達のエルドラドが・・!



キュィィィィィィィ―――


口腔内から、痛みが逆流する!?

うゎぁぁぁああああああああああああああああああぁぁ―――!!


「麻酔足すわー。」


染みるっ、染みるっ。ひいいぃぃぃぃぃぃぃっ。

やめて! エルのソウルはもうよ!!


「愚物が。自分だけが特別だと思ったのかな?」


ギュギュギュギュィィィィィン―――


ひゃあああうまいいいいぃっ!!


「痛みに耐えてよく頑張った、感動した!!」


2.3位を競うほどの辛い虫歯治療でした。

そして確信した、今日も眠れないなと。

診療台から立ち上がると頭くーらくら。歩くと頭くーらくら。

麻酔を使いまくったらしいのでそれのせいなのかは判らないが頭くーらくら。くららがたった。



因みにまだ麻酔が効いてます。寝れなさそうだなあ。

それと何時にも増して意味不明な文章になっているのは仕様です。
7月23日

9時20分前に家を出て目的地には10時丁度くらいの時間に到着。

帰宅は今さっき

ゆうに12時間も遊んでいたのである。もっと早く帰ることになると思ってた

案外ネタがあったので明日明後日にも覚えてたら書こうかね。今日はもうしんどい。



明日の歯医者大丈夫かな。
7月22日

腹を冷やした(つもりはない)せいか、期限が機能のヨーグルトを食ったせいか、

どっちかしらんが腹が痛くなった





二週間ほど前に高校時代からの友人から「集まってあそぼーぜ」というメールがきており、

「エルにもダチがいたか・・・・」という言いようのない気持ちを抱きながら今日に至る。

その時は「歯医者あるからわがんね」と返信しておいたものの、前回の歯医者で次回の予約を取る際に

見事に日程が衝突。

しかも帰ってきた後に気付いたのでなんてこったいと思いながら次の日に予約日の変更の電話をかけた。


「しぃません、その日は用事あったの忘れてたんでよければ前後日に変えてもらえると・・」

「いいですよ、24日土曜の18時15分でよければ。」


おせえ?!

しかしこれを逃すと火曜になるとの事。

少しでも早く直したいし、治療時間が二時間だとすれば20時くらいなのでまあ大丈夫か

これで何とか時間調整が出来た。


ってのが数日前の話。

「そいや誰々が集まるんかね」と今日の朝気付いたのでメールで聞いてみる事に。メールアドレスしかしらんし。


「メンバーどんなもん?」

「○○はこれたらいくっていってた。」

え、3人?」 ←エル+友人+友人嫁

最悪なw


すっくね。それって集まるっていっていいのか?

しかも詳細な情報がないのでこれだけから判断するに、最高で4人。若しくは嫁連れずで最高3人か。

高校時代からの友人たちとわいわいがやがや出来るかと思ったのに、なんてこったい。

理由は自分でも不明らしいが今回は余りお誘いのメールを配ってないらしい。何かあったのかね?

ある時は誰々とが喧嘩中だから呼ばないとか、ある時は仲直りしたとか変なイザコザがあるからなあ。

そういった情報の更新度が年1だから全くついていけない。
 ※高校時代の友人の中で、エルは彼我との距離がありメールも全くしない為。

うーん、しかし歯医者の予定をずらすほどの事だったのだろうか。

なんて言ったら普通に失礼だから言わないものの、ガッカリ感は否めない。

大雨でも降らなければ行くけど、色々な意味で不安だべ。

明日は何も書く事ないだろうなあ。別にいいけど。





ところでこの世には善い人がいれば悪い人もいるよね。

例えばトレードの際におまけしてくれたり、それなりの値段のものを何も言わずに捨てたり譲ってくれたり。

例えばパーキングエリアの隅っこの方でアイテム捨てたら、その間にぱくってたりさ。

「いいことが起これば悪い事が起こるもんだよね」なんて事を考えてたら、

今度は二度もアイテムロストした。ちきせぅサーバーめ!

売る予定だったゴミアイテム数個と幾つかのPジェムだったので傷口は浅い方だけど、

本気で勘弁してほしいっすブリザードさん。



なんて書いてたらマヴィーナズセットが揃った

ありがとう! (売って)譲ってくれた皆ありがとう!!

よーし、これでLF・FAアマゾンの完成がまた一歩近づいたぞ。ふひひ。
 ※説明しよう。LF・FAアマゾンとは、対軍に優れたライジングフューリーとフリージングアローの二属性で敵を掃討し、
  物理無効の敵にも効果的なマジックアローで止めを刺す、華麗で美しい遠距離ユニットなのだ!
  そんなに汎用性を追及したら火力低いんじゃないか? いえいえLFもMAもおまけ程度なので問題ありません


ジャベリンのstr強化を計算にいれてなかったのでspを20損じたけどまあいいや、どうせ属性攻撃だし。

へっへっへっへえ、明日にはヘルを進めてやるぜ!!



あ、明日は遊びに行くんだから余り進めれないじゃん。
7月20日

精神科にかかるのめんどくなってきた、まだ行ってないけど。





ディアブロ2で傭兵の装備について四苦八苦中のエル。

使いたいものがあってもレベル足りない、アイテム足りない、知恵も足りないと相変わらず悲惨な状況。

昔から決断力が無かったり意見をよく変えたりする人間なので毎度の事と言えば毎度の事。

サブのソーサレスを育てるのも早速面倒になってきたしで、どうしたものやら。

マヴィーナスセットも中々揃わないし。

ナイトメアでばあさんからルーンを集めるも威張れるほどのものは出ず、そもそも一度でかなり時間を使う。

「ええい、いい加減ヘルを進めたいぞ!」

進めてみました。

よーしまずはブラッドレイヴン退治だ! ぽんっぽんっ。 ←弓の音

あれ、割と普通に倒せるぞ? なんだ、俺って結構やれるじゃん。 byテンカワアキト

因みに他人の部屋に入ったので他にも数人おり、敵が若干強くなってます。

これならいけるんじゃね? 墓地に到着したしブラッドレイヴンを倒すぜー。

倒すのに数分掛かった。硬すぎだろ。

序に墓荒らししてみる。何故か死んだ。

なんてこったい、もう一度だ!

また死んだ。オラこんな墓地もういやだ。

なんて馬鹿してたら外人の方からお呼び出しが掛かったので行ってみた。

気付いたらACT1ボス倒してた。

めでたくACT2にいけたところでルーン集め開始。

ヘルならいいルーンが出る可能性もあるんだぜーヒャッハー!





数時間後。







50万ちょいあった金が5万以下になってた。


「あ・・ありのまま起こった事を話すぜ。
 『塔の地下でルーンを集めてたら何時の間にか金が無くなってた。』
 な・・何を言ってるのかわからねーと思うが、俺も何をされたのか判らなかった。
 頭がどうにかなりそうだった・・・・
 ポーション代とかテレポ代とかそんなチャチなもんじゃあ、断じてねえ。
 もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・・」


いやまあ死にまくっただけなんだけどね。

途中で「あーやけに死ぬし金だけ移動させとこうかなー」って思いついて確認したらこれだよ。

はは、幾ら移動させようかな?

傭兵の蘇生すらままならないから困る。ちくせぅ俺の50万かえせ

それだけ頑張って出たのは最高のでレベル30前後のっていうね。

ルーンはお金では買えない価値がある(プライスレス)だけど出費が痛いっす。

またこつこつ溜める作業が始まるお・・・・今までやってきた事となんら変わらないけど。

あれか、昨日Gheed's Fortune貰ったのがいけなかったのか?

持てないからやるって言うから貰ったんだよちくせぅ! 大切に使わせて頂きます。


関係ないけどディアブロぱくったくそげ作ろうと思ったらマップ作成で早くも挫折の予感。



全く関係ないけど両親の会話。

父親「木曜にダイワセイメイ(よく聞き取れなかった)の人が来るから。」

母親「その前後の日とも御奉仕があるから出かける。」

はいはい宗教宗教こいつらが結婚した理由が未だに判らん

といっても親父もやってるみたいだけど。余計悪いか

因みに御奉仕って言っても萌え系メイドにやらせるような事じゃないからな?

詳細はエルも知らないので(知りたくも無い)適当だけど、キリスト教のあれみたいなもんだと思われ。



父親「味噌汁うめえ。」

やったね!
7月18日

面白いもので、「こんなの毎日やってられっか」と思ってたうがい薬が、

次の日には全然苦く感じなかった。これなんてマトラマジック?



最近やりたい事が色々あって困ってます。通称おかまこと友人とAOMXで遊ぶのは勿論のこと、


 クソゲーつくりてぇ
                                    ディアブロ2進めたい気がする
                           ディアブロをぱくったクソゲー作りたい
           開発中のギャルゲさっさと進めたい
                         水虫カビがまだ治らない
   次期祭り作品開発もいい加減終わらせたい
                                         チョコレート食べたいお・・
                            明日と明後日が一度に来るといい(僕はもどかしい)
                   hpのネタ、何か面白い事ないかなあ
金欲しい


とまあこんな具合。雑念ばかりなのは言うまでも無い

この中でも特に急務なのが「開発中のギャルゲ」と「次期祭り作品」。

急務なのに寧ろ一番手がつかないのがおかしな話だけども。

因みに祭りとは某掲示板で定期的に行なわれる寄せ集め寄り集まりの日陰ツクラーの祭典みたいなもの。

今期の作品は既に完成しているので、以前から開発していた“今冬期向け”に当たる作品。

やっぱりクソゲなんだけどね。

自己満足もいいところな内容なのでプレイヤーは置いてけぼりになる事間違い無し

しかも文章も酷ければrpgですらないので楽しめる要素は皆無

酷い酷いとは思ってたけどこうして文字にしてみると本当に酷いな

まあ自称全自動くそげ量産機なので、寧ろクソゲを作って当たり前なのですがね。

いいゲーム作ればいいじゃん? 無茶言うな


ところでエルには“空飛ぶおかま”という友人がおり、何故空飛ぶおかまなのかは知りませんが。

例えばもしマクロス好きだったら「私の彼は、パイロット」なんて平気で言うのでしょうが、

残念ながらマクロスはみた事がないらしく、もっといえば実際はおかまでも何でもない

悟りを開いてちょっち頭が変な方向に向いてしまった変人さんです、決しておかまではありません

因みにエルはちょっちどころか明後日の方向に向いてしまっている変人です。

決して変態なんかではありません、ただの変人です。

こんな酷いブログやhpを設立する辺りがその証拠。友人は持ってません。


さて意味不明ながらも軽く友人紹介も終えたところで、彼の事は今後“おかま”と仮に呼称致します。

というか普段からおかまって呼んでる。こんな具合に。


エル「おかまー遊ぼうぜー。」

おかま「おーう。」

エル「今からうちにこいよ。」

おかま「めんどい。

エル「じゃあ今からそっちいくわ。」

おかま「くんなぼけぇ。


補足しておきますが何時もこんなやり取りしてます。編集は一切ありません

因みにおかまなので男ですが、ネカマ経験は全くないらしいです。

逆にネットで女と勘違いされた事ならあるらしいです。空飛ぶおかまなのに

そのおかまはこの間仕事で出張という名目で避暑に行かれたので、暫くエルの遊び相手がいない状態。

その間にでもエルゲーを少しでも進めたいと思ってるのに最近はディアブロ2ばっかりやってるエル。

しかもヘルから一向に進まないから困る。

そりゃ威力の最高値が70ちょいじゃなあ、しかも弓なので決定打に欠ける。

ナイトメア途中までは威力40も無かったんだけどね。

兄貴傭兵はそれなりの威力があったので傭兵ばかり育つ。

というか傭兵が主戦力、主人公がサブ状態

心優しい方に中々の弓を頂き、マナもそれなりに確保出来始めた頃にその方程式は覆された訳ですが。

最近はもういっそただのにしようか考え中。しかも回復オーラではなくホーリーフリーズオーラ。

見事に氷特化の編成になるわけですが、そうすると今度はヴァルキューレともども耐久力に問題が・・・・

その辺りは色々試してみて追々判断していく予定。

しかしやはり装備が貧弱、傭兵の威力170ほどなのは兎も角として防御が低い。

900とか1300なんて鎧が存在してるのに、エルの傭兵の鎧の防御は700もない

そりゃ囲まれたらきついわなと今更気付く、ヴァルキューレいなかったらと思うと。

プレイヤー本体はもっと悲惨で、少し前まで300ちょいのを装備してた

弓だからいいけど、道理でスキル以外でろくに回避できなかったわけだよ。

「可能な限り自分で入手した装備でやってやるぜ!」と意気込んでいたものの、ヘルしょっぱなで挫折

レベル不足もあるけどACT1の村の外の敵一体を倒すのに必死ってどうなの。

おまけに氷属性無効がわんさか出て来たのでFA・MAのエル涙目。

傭兵とヴァルキューレを戦わせるもののゾンビ2体が限度、チャンピオンとか論外。


 仕方ねえレベリングだ → ナイトメアバールランうめえ → 大分レベル上がったし・・そろそろ?→
 無理でした


マヴィーナズ揃うまでヘルはお預けだな。根性でクエスト1は終わらせたけどね。

しかし取引材料がPジェムと中級ルーン二個くらいしかない、仕方ないサブを作るか。 ←今ここ

雷ソーサレスをやりたい気持ちをぐっと抑えて雷炎ソーサレスにする予定。氷はもういいわ。


ところでサブに鎧を渡そうとpark部屋に置いてた、

エルの鎧を炎耐性チャームにしたの誰だ

部屋に入りなおしたら鎧おいた方角から走ってくる奴がいたから若しやとは思ったけどさ。

しかも23%と地味に使えるから余計腹立つわ。返せ、エルのHaemosu's Adamantを返せ!

おいそこしょぼいとかいうな

エルが自力で入手した装備もので2~3番目にいいものだったんだぞ!

同じものをもう一つ貰ってたからいいものを・・。まあ価値は無いに等しいものだけどね

今度からアイテム移動する時は注意しないといけないなあ・・・・。どう注意しよう?





今日は知ってる人にしか判らないネタだったけど、今後もこんな調子で書いていく予定

そういえば昨日精神科行く予定だったけど、土曜なので昼はやってなかった。
7月16日

暑くてやってられん、段々除湿だけじゃ物足りなくなってきた。



やって参りました歯医者の日。果たして前回のあの恐怖は蘇るのか?!

先に言っておくと大丈夫でした。わはー。


前回と同じ時間に予約を取っていたので、前回と同じルートで同じ時間に電車に乗り同じ時間に到着。

これまた前回と同じで待ってる人は少なく、一人だけ。治療中の方が何人かいたけど。

診察券を提示して「あー怖いなーまた痛いのいやだなー」なんて考え事しながら待っていると、

審美室からお婆さんが登場。その背中には何故かドクロの模様

え、何で? そのお歳でなにゆえ?

それはあれですか、エルに対する死刑判決ですかってんだちくせぅ?


さて待つ事10分足らずというまたも前回と同じくらいの待ち時間で診察台へ。

ほどなくして先生登場。

「今日は(右側の)ここの歯を抜いて(虫歯にやられすぎた為)、ここも治療して。んで型取りもします。」

前回は左側を治療し途中だったので聞いてみたところ、次回になるとのこと。

集中治療のプランは先生に作ってもらっているのでまあそれが一番いいのだろうと納得して治療開始。



「表面麻酔のシールはりますよー。」

ペタペタ。

「じゃあ麻酔しますよー。」

・・・・・

「麻酔しますねー。」

ちく。

「内側麻酔しますよー。」

ぐさ。

いたああああ痛い痛いいいいいいいいいいい!!

これだ、この痛みこそが―――!

もっとだ、もっと俺を感じさせてくれ!!!!!! ←痛くておかしくなってる


「次下側に麻酔しますねー。」

・・・・・

「また麻酔しまーす、ここはいたくないよー。」

・・・・・

「うちっかわ麻酔するねー。」

ちくりっ。

痛いっ痛い!


「うがいしてくださーい。」

あー痛かった・・・・あれ、でも前回よりは大丈夫だったな。

これで判った事、歯の内側に麻酔されるとすげえ痛い。逆に歯の外側は刺された事すら判らなかった。
 ※個人差やその時の状況などで変化します、鵜呑みにしないように。

今夜は眠れそうだ。 ※まだ始まったばかりです

しかし、やっぱり直前にでも「○○する」と言ってくれると安心感が違うね。

急に何かされると何をされているのか判らなくて怖いという思いは確かにあって、

それを事前に言ってくれる事によって覚悟と状況把握が可能になる。

患者の殆どは専門的な知識を持っているわけではないので、これは非常に有り難い事。

やる側は知識もあれば自分が何をするか判っているので問題ないけど、やられる側はそうもいかない。

例え一瞬の間でも、覚悟・・というより「どんとこいやー!」と言える気持ちが出せるようになると、

緊張感と安心感に確実に影響を与えてくれるね。勿論いい方向に。

頼んでよかったよ、いやほんと。



~中略~



「じゃあ歯を抜きますよー。」

本日の山場である。

キュィィィィィ―――

「痛かったら左手上げていって下さい。」

「痛かったら言って下さいね。」

何故左手なのかはこの際置いといて。

ギュルルルルルル―――



「ゥォォォォォォォ。」



キュィィィィィィィィ―――



「ぬぁぁぁぁぁぁぁぁ・・」



ギュイギュゥィィィィィィィ―――

「痛くないですかー。」

あれ、案外大丈夫だ前回の痛みが嘘のよう。



キュィィィィィィ―――



・・あ。



キュイキュィィィィィイィィィィ―――



あ、まずいきつくなってきた



ギュルルルルルルルルルル―――



あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”。 ←振動が凄い機具



キュィィィィィィィッキュィィィ―――



ぴあのばぶりやらふる。



キュゥゥゥッキュゥゥィィィゥゥゥ―――



た、耐えろ。前回よりは痛くないんだ。ここで耐えずして何時耐える。



ギュルルルルルルル―――



この機具は痛くないけど振動が凄いぜあ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”。



キュィィィィィィィ―――



ひぃっひぃっ。まだだ、まだ終わらんよ!

ここで耐えられなければまた注射されるんだぞ、耐えろエル! 後の世の為に!!

これをブログにする為にっ!!


まあこんなとこ誰も見ないけどね。

なんて考えてたら終わった

「はーいお疲れ様でしたー。」

がらがらがら、ぺっ。おお血だ! 抜歯後の出血だ!!

エル、頑張ったよッ! 褒めて褒めて。

そしてこれでエルは確信した、今日は平常通り寝れるなと。


その後はあのいやーなキシリトール白く(本当は白くない)べた付く何かで型取り。

他はもう正直何も言う事がないので割愛。



治療は15時55分頃から、終わったのは17時55分と二時間という耐久ミッションを見事クリア。

さあ会計だ、帰れるぞ。あれ、何かうがい薬貰ったよ?

電車の中で確認してみると、どうやら抜歯後に使うものらしい。

「一日数回ってどれくらいだよ」と心の中で突っ込みを入れながら帰宅。

夕食後、薬を飲む序に使ってみました。

「えーと約100mlの水に・・キャップの蓋の印の量を1~2回分混ぜて使う・・・・どっちだ?

とりあえずまずは一杯。

ガラガラ・・にがっ!! 緑色からして苦そうだったけど本気でにがっ!!

2回もやってられないんだけど! 一日3回もやりたくないんだけど!!

しかも友人と遊ぶ約束してた日を忘れて、しかも予約日と重なってる疑惑が浮上したので確認のメールしたのに、

返信がこないという困った状態。不幸って続くよね

いやまあエルが悪いだけなんだけどもね。



明日辺りにでも気が向いたら精神科行ってくるおっおっおっ。
7月14日

あー驚くほど書く事が無い。不定期日記だから特に問題も無いんだけどね。

AOMXしたりミソエルゲーの修正したりディアブロ2したりクソゲー作ったり・・・・

文面だけだと幸福な毎日を送ってるように見えるけどもんなこたぁない。

まあ所詮引き篭もりニートですからね、そうそう面白い事なんか起こる筈もない訳ですけどもね。

最近がおかしいだけで。



あーチョコレートくいてえ。
7月10日

アル晴レタ日ノ事―――

「んー朝かー、でもまだねみー。」




ゴンゴンッ、ガチャッ。

父親「起きろ、飯食うぞ。

勝手に食えよ。

大体俺まだ寝てるだろ見えないのか、鳥目じゃあるまいし

いい加減自分の都合だけで考えるの止めてくれませんかね。

そんなんだから会社も続かなくなるんだよ

べらべらと何か喋り捲って独り言タイムが始まり、言うだけ言って扉を閉めずに下に戻る。

せめて閉めていけよ。あと風呂の扉も閉めような(見せんな)。

ああもういっそ心を閉じて下さい

朝から嫌な目覚めになったもんだ、確かに起きてたけどね(寝かせろや)。

実はもう8時くらいなんだろうかと時計に眼をやると・・・・7時5分

早いわ、お前はもっと寝ろや。


腹は減っててもこんな時間に起きる気はしないので、三国志を読んだり寝たりして時間を潰す。

まさにニートである。

45分ごろになってそろそろ食べようと思い1階に下りる。

あー父親がトイレに入ってるうちに少しでも済ませよう。目があったらまた下らないご高説が始まる。






今日マタ会ウ時―――


父親「お前最近全然食ってないだろガリガリやん。」


現在夢の40台です。 ※食欲がない


父親「食わないと栄養なくなって死ぬぞ、なあ。」


食うなといったり食えといったり忙しいですね、どっちかにしろ

以前「勝手に死んでも俺は知らん」みたいな事仰っておられましたがどっちなんですか?


父親「お前昨日の晩飯も食ってないだろ、ちゃんと食えよ。」


昨日は客が着てたらしいですね、会社の事についてお話になられてたのかは存じませんが。

言ってくれたら飯持ってくるとか言われたら食う気も失せるわ。

客が帰ったのは20時過ぎ、こうなると最早面倒になるし。

と言うかそんな状況で「飯ーはらへったー」なんて言えるかぼけ。


父親「お前お菓子とか買い捲ってるらしいやん、飯もちゃんと食えよ。」


それは何ヶ月前の話ですか? 最近は金無くて買ってないぞ。

それでもちゃんと食べてましたよ、毎日残すあなたと違って

確かに昨日はハイチュー苺味を貰って晩飯にしましたがね、薬飲まないといけないから。

ああそういえば一昨日も食ってねえや、麻酔が効いてて食えなかったから。

菓子で腹を膨らませるなとか仰いますが、寧ろ食欲不振なんですよね。

食う気もろくに起こらないもんだから簡単なもので済ませたくなるってのはあるなあ。ゼリーとか。

だからガーリガーリークーーーン状態になるんですけどもね。

飯を食う気が余り出ないもんだから元々足りてない栄養が更に不足すると言う悪循環。

確かにこれにはエルもお困りです。栄養剤欲しいなあ。

確か歯医者通い始めた頃からか、4月過ぎですね。あっもう3ヶ月も経つのか。

3ヶ月も経って未だ虫歯の一本も治ってねえやあはははは。

おっと話がずれた。


父親「こんな風になりたいんか? これ見てみ、胃ないねんぞ。」 ←服を捲くる
 ※手術で切ったらしい


見せんな気持ち悪い。風呂中に洗面所の扉あけっぱにしたりと、お前は露出狂か?

え、同姓ならいいじゃん? そんなこという奴は2階の窓から飛び降りればいいよ。

そんな事仰いながらも、あなた様も昔はよく飯を残してましたよね。大した量でもなかったのに。

あれか、俺みたいにはなるなっていう反面教師を気取っておられるのですか?

なら俺の言う事は全て正しいみたいに振舞うの止めて頂けませんかね。

会社でもこんな風なんだろうな、社員が可哀想。 ※親父はしがない中小の社長

父親「いっぱい食えよ? 判ったな?」

今食事中なんですが。中断させといて何を仰いますか。

まあ確かに最近は以前と比べて食事の量が6割ほどに落ちてるから、

以前と比べれば確かに食べてないといえるか。どうでもいいけどね。

あーでも栄養は足りてないな、好き嫌い酷いし。

特に鉄分とカルシウムが欲しい気がする。あ、ビタミンも欲しいな。

因みにエルはずっと黙ってたので(相手にするのしんどい)父親のスーパー独り言タイムでした。

大体2分ほど続いた程度の時間と内容で、ここまで突っ込めるのは逆に凄いと思う。

質の悪い政治家かマスコミにでも就職できるかも判らんね。

妬み僻み誹謗中傷流言蜚語はお手の物♪

くききぃーーーーーー!
7月9日

予想通り昨日は眠れなかった。

「ねむれねーうーんうーん」と唸ってたら気付けば8時過ぎてたけどね。





日記をテキスト形式からブログ形式に移行しました。

なんだかfc2ブログの作成ツールは使いにくいので、専用ツールで作った後コピペしてるんだけどね。

正直二度手間だよね。

でも管理はブログ形式の方がやりやすいし、二度手間といっても従来とそこまで変わらないので問題なし。

ただ<b>タグと<i>タグは使わせてくれてもいいと思う。設定云々の問題かもしらんが。



どうでもいいけどエアコンが除湿程度で寒いくらいなんだけどなにこれ。
7月8日

明日辺りだろうと思ってたコルクマットと鼻毛カッターが午前に届いたのでちょっち嬉しかった。


さて今日は歯医者の日。予定では二時間耐久バトルなので気合を入れていかないと何時ノックアウトするか判らない。

早速鼻毛カッターで身嗜みを整え、いざ戦場へ!


さて、50分近い道のりで2回乗り換えないといけない訳だけども。

一回目の乗換えでまだかなーと電車を待っていると、携帯相手に話をする女性の声が聞こえてきた。

「今日14~49番に登録してさー、そしたら3日中に16万払えって言われたんだけど危ないかなあ?」

何か知らんけど危ないと思うよ、うん。

「そうそうネットで。やっぱり危ない?」

3日中って時点で危ないと思いますお嬢さん。

「電話してみたんだけどメールでしか受け付けないって。なんか土曜日は振り込めないっていうし。」

ありえねー。全てにおいてありえねー。一体何をやったんだあんたは。

そんな会話を続けてると電車が着たのでそれ以上の話を聞く事は出来ず。いや聞いても仕方ないけど。

心の中で呟いておくけど、何があったのか知らんけど絶対振り込むなよ。


そんなこともあってクリニックに到着。よし、頑張るぞ。

集中治療を頼んだだけあって人は少ない模様。期待4割不安2割、残りは暑さとしんどさ。

最近どうも疲労感が抜けずしんどくて仕方がない、ただの栄養不足か精神的ストレスかは知らないが。
 ※かなりの偏食+食欲不振



そして待たされる事数分。先生登場。

「今日はね、治療中のこの歯(根管治療したとこ)の型取りと、左下5番を抜歯して治療するからね。」

実は先週にもこの話をしたのだが、何故抜歯するのかまでは詳しく聞いていなかったので、この際に聞いてみた。

「これとこれ(左下+右上の5番)はもう駄目、酷くて抜くしかない。」

銀歯が3本になるよ! やったねエルちゃん。

金大丈夫かなあ・・・・
 ※エルは全財産が10万もない

とりあえず治療開始、ファイトッ!!





痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛いいたいいたいイタイいたい!!

先生! 麻酔注射が凄く痛いです!!

「これ痛い?」

痛い痛い! 痛いってば!! ←注射中なのでしゃべれない。

「これどう、痛い?」

イダアアアアアイダイダイイイイイイイイィ!! ←喋れないのでボディランゲージならぬアームランゲージ。

「痛い? 我慢して。」

おたすけえええええええぇぇぇぇぇ―――






見えてないから判らないけど、歯茎の部分・・かな? そこに注射されるとすんげえ痛い

うがいする際に注射されたっぽい場所を舐めてみると腫れてた




キュィィィィィーガリガリガリガリ・・・・

あー削られてるなあ、これはもう麻酔されあれば全然大丈夫なんだよな。女医の人でなければ(この人はどうもうまくない)。


ガリッガリッガリッガリ・・

ん、何これってってってってっていてて?!

「うがいしてねー。」

がらがらがらがら、ぺっ。え、血が出てる!!

ちょっとちょっと、抜歯してるならそう言ってくれ頼むから。

事前後の説明は普通にしてくれるけど、作業中は殆ど何も言ってくれないので何をしているのかされているのかさっぱり。

女医の人は大体言ってくれるので直前に「○○するよー」って言うのは、別におかしなことではないと思うんだけどなあ。

言わないものなのかな?



さて途中で歯の型を取る為にしばしのリラックスタイム。

型を取ったり合わせたりするので時間が掛かる、つまり暇。

痛みを伴う作業ではないので気を張る必要がない、つまり暇。

しかもじっとしていないといけないので逆にしんどい

と言う訳で、足を内股にする事で少しでも気を使おうと画策。代わりに余計に疲れるわけだけどね。

ところでさっきから子供の声が聞こえてきたり、先生が子供をあやす楽しそうな声が聞こえてくるんだけども。

あれ。集中治療ってもしかして、通常より長時間やるってだけの話?




「はーい表面麻酔のシールはりますよー。」

ま、まさか・・・・





プスッ。

ぎいいいいやああああああああああああああ―――

「痛い?」

だーーーーーら痛い痛いってひぎいいいいいいいいいいぃぃ!! ←声にならない叫び。



ギュゥィィィィィガリガリガリ―――

いだだだあだいだいだぢあぢあだだぢあだいあああああばばばばばばば! ←最早悶えるしかない。

「ちょっと麻酔足すわー。」





エルは以前数えるくらい、治療の際の痛みで寝付けなかった事があった。

そしてエルは確信した。「嗚呼、今日は眠れないな」と―――







時は18時の半分を過ぎたところ。治療室に入ったのが15時50分ほどなので、治療時間は3時間に近い。

エルは(精神的に)ぼろぼろになりながらも、会計を済ませる。「7700円でーす。」

それは丁度、やっと仕事が終わった時のような感覚だっただろう。

あの地獄がまた来週にもやってくるのかと思うと、エルはただ脱力するしかなかった・・・・


痛いの嫌い。






母親「何処いってたん、歯医者?」

父親「なんだ、俺と同じところにいってるのかと思った。」 ←そもそも初耳。




父親「近いうちに健康保険の権利を剥奪されるからな。」

あはは、hp立ち上げわずか一月で終了の予感。
7月6日

母親「この家手放すから。」


母親がアリコの保険の資料請求をエルにやらせながら何か言ってたけど放置。

しかしこの保険はあれか、親父が入院してるからか?

何時死んでもおかしくない病気とか言ってたし、最後まで金出せやって事だろうか。

いやきっと入院費が馬鹿にならないからだろうけどもね。ちょっち調べてみる。


 “アリコの終身医療保険・ずっとあなたと”
 満30~85歳の方なら、持病(既往症)をお持ちの方でも、
 以下の3つの質問項目(告知)に該当しなければお申し込みいただけます。


生命保険も変わっていくよなあ(※エルはまだ20代)なんてしみじみしていると。


 2.過去2年以内に病気やケガで入院をしたこと、または手術を受けたことがありますか。
 3.また、過去5年以内にガンで入院または手術を受けたことがありますか。


あれ、まだ入院してなかったっけか。しかもガン細胞がどうのこうのとか言ってた気がする。

エルの記憶と見解が間違っていなければ最高5年、最低でも2年は加入できないじゃないっすか。


 ご注意いただきたいポイント
 このプランには、保険料払込期間中の解約返戻金・死亡保険金はありません。


最後まで金出せやって事では無かったらしい。別途契約する可能性は否定できないが。






はてさてどうも股の痒みが収まらないので皮膚科に行く事に。

どこがいいのかなと近場でぐぐってみたところ、よさげそうなところがあったのでまずは予約を取る。

エル「あのさあ、初診で予約欲しいんだけど。」

受付「うちは窓口受付だよ、予約欲しいならこいや。因みに今予約取ったら診察は14時くらいからだから。」

エル「えっ。今10時過ぎなんすけど。

受付「番号札だけとって一旦家に帰る人とかいるよ。」

エル「はあ、じゃあまた後ほど。失礼しました。」

受付「ガチャッ。

あれ、普通切るのを待つもんじゃね? 最後に何か付け足すとかさ。
 ※当然ですが実際の遣り取りとは若干異なります

取り合えず受付だけでもしてもらうかーと思い、エコポイント申請の際に使う保証書を持っていざ出陣。


数分後。

おーーーーーっと雨が降ってきましたよ? 勘弁して下さいこっちは自転車です。

よく見たら雨雲が沢山見えてるし。止んで欲しいけど止みそうに無いなあ。

雨も滴る醜い変人にならない事を祈るしかない訳だけども。

自転車で緩やかな坂を下りた5分ほどの距離に目的地を発見、バイクが置いてあるので自転車を止めてもよさそうだ。

このバイク濡れてるけど気にしないでいいよね。


エル「ちーーっす、予約ちょーだい。」

受付「はいはい、初診の方はこの問診表を書いてね。」

エル「ちゅー、ちゅー、たこ、かい、なー(※違う)。じゃ宜しくー。あ、因みに何時ごろになるかな?」

受付「えーとね、予約取ってる人があまりきてないからすぐだよ。」

エル「(さっき言ってたことと全然違うじゃねえか)じゃあちょっとコンビニいって、すぐもどってくるんで。」


予定とは違ったけどまあいいや、pcはスタンバイじゃなくてシャットダウンにするべきだったけどな。

すぐとはいっても待ってる人が数人いたので、この間に保証書のコピーをとりにコンビニへ。

ただこの辺にあった気はするけどどうにも思い出せない。一つだけ覚えてるけど待ち時間でいけるほど近くない。

というわけですぐそこにいた工事のガードマンに聞いてみる事に。

エル「あのさあ、この辺コンビニなかったっけ?」

ガード「いやしらないなあ。

なんてこった、もしや地元住民の方ではないのか。

「地元住民のエルですら判らないんだから仕方ないか」と脳内保管して諦める事に。


病院に戻って正史三国志を読みながらエルより遅くに来た人が先に呼ばれている様子を尻目に待つ事数十分。

ようやくお呼ばれになったので奥へ入る。が、ここでまた待たされる

先程奥が見えた時に座っている人がいたので予想はしてたけどね、というわけでまた三国志を取り出して読書開始。

はて、左側と正面から(カーテンで遮られている部分)声が聞こえてくるぞ。

医師が二人いるのだろうか、口コミで22時になっても診察するとか書いてあったし流石だなあと関心。

実際は違ったんだけどね。左側の声は薬の使い方を説明するだけの人でした。

正面から女性の声が聞こえるけど頑張って読書に集中。因みに女性が気になるんじゃなくて声の距離が気になるんだZE?

男の声「今は誰も見てないから。」

えっ?

男の声「横になっていいですよ。」

まて、何の会話だ。

物覚えが悪いので詳細は記憶してないけど一体何の会話だったんだろうね?

何か赤ん坊とか聞こえてきたけど。

さほど気にする事も無く読書に集中。う~む楊儀の実力のほどやいかに?

男の声「エルさんどうぞー。」

あ、さっきの声の人。


医師「今日はどうしたの。」

エル「うんたらかんたら。」

医師「あー、じゃあちょっと見せて。」

えっ///

エル「やっぱり見せないと駄目っすか。」

医師「僕はエスパーじゃないからね、見ないと判らないよ。」

ですよね。

かといってみせるのには抵抗のあるエル。患部の股を見せると言う事はつまりピーーーーーーーーーー(自主規制)。

いやだなあいやだなあと思いながらズボンを脱ぐのを躊躇うエル。

医師「ほらズサっと

勘弁して下さい。例え同姓でもエルはこういう話は大嫌いです。

しかしこのままでは進まないので乙女の如ピーーーーーーーーーーー。

これ以上書きたくないので以下適当に。

医師「あーこれね。」

エル「反対側にもあるんですよ。」

医師「あーこれね。」

そういってメスのようなものを持ってエルの患部をガリガ・・え?!

エル「え、なんですかそれは。」 ←じみーにいたい

医師「表面を削ってるの。」

見りゃ判る。

医師「取れた取れた。」

どうやら削れた皮膚を使って検査するらしい。びっくりするわ。

もういいよと言われたのでいそいそとズボンを履く。おいそこの看護士女見てないだろうな?

しかし会話を始めたくらいから何も思わなくなった辺り、エルは口だけなんだなあと思ったよ。

その欠片を使って何やら処理をした後、顕微鏡を使い始めた医師。

やっぱりダニかなあ? ダニアレルギーがあるから噛まれて発症したなんて普通に考えられるし。

医師「いたいた。人生の伴侶のお出ましだよ。

え、メスなの? 伴侶って事はそりゃアレルギーにもなるわ。

エル「やっぱりダニ?」

医師「水虫カビだね。」

エル「水虫っすか・・・・

泣いた。心の中でエルは咽び泣いた。

エル「原因はなんですかね、不精にしてるとか?」

医師「いや、何かと接触して伝染したとかだね。」

やべえまともに人と接触した覚えがない。

当然歯医者では触れられるわけだけど口の中だしなあ。股が接触とかピーーーーーーーーーー(もう嫌だ)。

水虫ということなので足も見てもらったが足に水虫はない模様。よかったよかった。

余計原因が判らんがな! カビアレルギーの検査はしてないしなあ。

顕微鏡を覗かせてもらい、「これがこうでここがこうなってて」と説明してもらいました。

ハローマイハニー、君には死んでもらうからそのつもりでね。

そうだ、その前に生命保険をかけないとね。ああでもあれは一年経たないと駄目だっけか。

話も終わったところでついでに眼の痒みと皮膚炎の薬も貰って診察終了。

「これでなおるよ、よかったね」と励ましのお言葉を頂きましたが引き換えに羞恥心を捨てた気がする。

会計を済ませた後に靴屋の在り処を聞いたら「判らない」と言われたので靴はまた今度。

何時の間にか雨は止んでいたので濡れる事無く自転車をぎーこぎーこ。

コンビニへ寄り保証書のコピーを入手してまたぎーこぎーこ・・あ、降ってきた。

しかも大粒、勘弁して下さい。

量こそ少ないもののやはり濡れたくはない。さっさと帰ろうと急ぐエル。

あ、猫発見。 キキーッ

玄関前に佇む一匹の黒猫、自転車が通っても微動だにしない。触らずして帰れるものか。

近づいてみるとなんと足元に寄ってくるではありませんか。

萌え。

撫でてみるとエルの足元でじっとしたまま動かなくなり、触り放題

萌え。

可愛いのお可愛いのおと触りまくるエル。人間だとセクハラなのにね。

エル「よーーーーしよしよしよしよーーし。」

猫「・・・・ブフッ。」

え。

猫「ブフッブフ、ブブry。」

病気? それとも寒いのかな。

そこで我に返ったエルは十分堪能したので名残惜しそうに振り返るのを別れの挨拶として、帰宅。

雨は何時の間にか止んでた。



かなり訳の判らない文章になってるけど、先生はいい人でした(セクハラを除けば)

面白おかしい事を言ったり紙に書いて説明してくれたり、それをコピーしてくれたりなど。

その紙に書かれた人体図が卑猥じゃなかったらもっと良かったんだけどな。なんて露骨な絵。

あと使い方の説明を受ける際にちょっち塗ったもらっただけで『投薬:68点』ってどういうことっすか。本体の方が安いじゃん。

しかし折角なのでさっさと治って欲しいもんだ。ついでに羞恥心も治ってくれないかな。

なんて考えてたら眼の痒み用にくれた薬、よく考えてみたら内側が痒いんだから塗れないじゃん

治って欲しいもんだ。ついでに頭の悪さもなってくれないかな。


因みに関係ないけど先生曰く、ステロイドのレベル3以下は全然大した事無いらしい。実際はどうか知らんけど。
7月4日

母親「○○つくっといたから。」

エル「(小さくて聞き取りにくかったけど、カレーかな?)」

母親「スパゲティつくっといたから。」

エル「(字数がまるで違う。)」



この間インスタントラーメンを食べていた時のこと。

「麺って汁を濃い目にすると味がつくけど、薄いとあんまり感じられないよなあ。
 かといって安易に濃くすると今度は汁が飲みたくなくなって来るんだよなー。」





そこで閃いた、革新的且つ大胆なアイディア。

















ぬかづけメン。 ※ガキの使いで既にやってた気がする
7月3日

わはーエアコンやっとついた。

苦節数週間、あの蒸し暑さと湿気に耐える日々も今日で終わりを迎えるのだ。

たまんないね。


今日はエアコン取り付けの日だ、何時来てくれるのかな? カナ。

なんて朝っぱらから希望と期待と夢とを風呂敷いっぱいに詰め込んでpcしていたエル。

数時間も経たない内に外は土砂降りの雨が降り注いで「今日は無理かもな、あはは」と諦めも一緒に突っ込み、

突然のインターホンに内心ドキワクしながら応対したら大阪ガスの人だったりと。何かと忙しかったエル。

結局雨が止んだ昼過ぎに「今から行きますわー」という電話を頂き、来てくれました。

「結構歳のいった男性二人、何だかベテラン臭がするぜ・・・・?!」


部屋をざっとみてもらい、作業時間と料金の確認をしてもらう事に。

「これくらいなら一時間くらいで出来ますよ。料金は標準工事の13500でいけますね。」

早速取り掛かっていただきました。

「いやーさっきまで酷い雨でしたねー」なんて談笑を交えながら作業開始。

数分後、そのおっちゃんの携帯から着信音が。

いや仕事中って電源切るか、せめてマナーモードじゃね?

勿論その数分間作業は殆ど進まず。いやーしかし携帯電話も普及したもんだなあ。

昔は両手で持てそうなほどの大型だったり、会社では邪険視されていたりだったのに。

今や会社では当たり前、小学生から初老のおっちゃんまで持ってるほどの普及率。

邪魔になったのか電話ボックスが撤去されていく始末。時代は変わるもんだね。

機械に疎いうちの母親ですら、エルが中学生の時に担任に持たされて以来ずっと使っているくらいだし。

そんな中エルは一人で「携帯持たない同盟」を発足し(持ってても仕方ないので)孤独な戦いを続けている訳ですが。


そんなこんなで(?)、予定よりも少し遅れて作業は完了。真空抜きもちゃんとやってくれました

途中でまた雨が降ってきたので室外機の作業をしていたお二方は濡れてしまったけれども

傘を差そうかとも思ったけどタイミングが見つからず。結局濡れるだろうしいいやと断念。

しかし汚さないようにと敷いてくれたカーペットは流石に濡らすわけもいかないだろうと傘を渡そうとしてみる。

 カーペットを折り畳むおっちゃん → その間に傘を準備するエル → 傘を開いたと同時にダッシュするおっちゃん

幸い誰も見てませんでした。おーはずかし。

その後料金を支払って御役御免お礼を言って見送りました。

「わーいエアコンだー」と早速その恩寵に預かる事に。

しかしどうも余り冷たくない。「5分ほど最大出力(冷房17度)で動かしておいてね」と言われているので、

「付けたばっかりだし、時間が掛かるのかな」と10分ほどpcやりながら放置。




うーん、思ったほど涼しくならないぞ。

2.2kwものだからなのか今日が暑すぎるのか定かではないが、追加で扇風機も使用

しかしよく考えたらもう少しで風呂入るし今涼しくしても仕方ないなと思い、温度を上げたり除湿にしたり。最終的には切った。


突然腹の調子が悪くなる。エルはあほの子。





全く関係ないけどめちゃイケ見るためにtvつけたら、

おばさんが謎の背景を従えて聞き覚えのある外国語で丁度何か喋り始めたのを見たので、

「ああ、○朝鮮からの宣戦布告か」と半分本気で考えた。そんな初夏の夜。

あれ、ところでエコポイントの申生ってどうやるんだろう。
7月2日

昨日届いていた一級遮光カーテンを寝る前に窓に設置。お陰で光に邪魔されずに済みました。

しかしこの部屋に移ってからというもの、どうも目覚めが早い。お陰で眠くて敵わん。

それが暑さから来るのか太陽光から来るのかは判らないが。もっと寝たいよー

かといって一度明るくなるともう寝れなくなるのがエル。しゃあねえpcでもやるかと起き上がる。

pc起動中に朝食の確保をしに一階へ。素晴らしいニートっぷりである。

あれ、朝の居間ってこんな涼しいもんだったかな?

はてなあと思いながら食べかけのパンを発見したのでそれを平らげる事に。

「雨戸閉まってるし電気ついてないし、まだ誰も起きてないのかー・・あれ、冷房ついてる。

まてや。道理で涼しいはずだ。


 昨日の居間は夜からずっと涼しかった → 今日はまだ誰も起きてない+母親の部屋前にはスリッパがあった。 → 真実は何時も一つ。


ざけんなぼけぇ、なーにが「うちは借金塗れ」だ馬鹿野郎。

エルが買い物するたびに(勿論自分の金)何か文句仰ってますけど、あんた何やってんの?

そりゃ冷房代も馬鹿になりませんわなぁ??

そこで「お前の金は元々誰のだよ」なんて言われたら、そりゃ大部分は親のですよ確かに。

だったら最初から与えるなって話だ。子供は貯金箱じゃねえんだぞ。

よくこういう見当違いな事や意味不明な事をを仰られますよね、最早呆れて声もでないよ。

「言う事聞かない、かわいくない」とか訳の判らない事ほざきますがね?

そんな矛盾した行動ばかり繰り返されたら聞く気も失せるわ。

いやほんと、親は大事だね。いい意味でも悪い意味でも。

親の背を見て育つとはよく言ったもんだよ、HAHAHAHA。

皆はこんな親子にはならないようにね! 勿論エルにも悪いところは山ほどあるしね。


兎に角考えるのが面倒になって自室へ。しかし二時間もせずにまたも喉が渇いたので一階へ。

まだついてる。もう9時だぞ何やってんだ?

なんか腹が立つのでエアコンはそのままにして自室へ。やはり母親の部屋の前にはスリッパが。

雨戸開けずに飯だけもって自室に引き篭もるなんてエルみたいな事はせんだろうし。

まあもうどうでもいいや、ほっとけほっとけ。この程度の事なら日常茶飯事だし。

階段を上る際に見えた霊王と書かれた宗教のチラシは「ああ霊帝か」と解釈しておく事にした。
 ※中国の後漢末期の天子、つまり一番偉い位にいた人。


さてミソエルゲーの修正をしたりネットサーフィンしたりしてるうちに時刻は昼に。昨日から続く痒みを我慢しながら一階へ。

テーブルの上には握り飯とゆで卵が置いてあったので回収。母親は何時の間にか外出していたようです。

「そういえば爪きりたいんだった」と思い出して爪切りを回収、そこで見つけるピンセット

ないないと思ってたけどこんなところにあったのか、これで鼻毛引っこ抜けば!

昼食を後回しにして洗面所にいって鏡を見ながら作業開始。

 中々つかめない → やっとつかめたから引っ張ったけどやっぱり痛い

OK、俺は鼻毛カッターを買う。

ピンセットはわずか数秒で用済みとなりましたとさ。でもどんなの買えばいいんだろう。
7月1日

エルは昔から続く慢性蕁麻疹なるものがあって、特に冬になると熱に反応して偉い事に。

今は夏だから冬ほど酷くは無いけど、やはり四六時中ぴりりと痒みがでてくる。

ただ困った事に、今日は増して痒い。「なんじゃろけー」と思って掻いてたところ、

腹部右側に赤い斑点を幾つか発見。服脱いで寝てた訳でもないのに酷い話である。

朝っぱらから憂鬱な気分になったエル。


さて今日は歯医者の日。数ヶ月前に事を発したこの虫歯治療、やっと一本終わりそう。

「数ヶ月でやっと一本かよ」という気持ちが凄いけど、色々あったので仕方ないっちゃ仕方ない。

出かける前にデフラグを終わらせたかったけど、一時停止のまま止まってたので終わるはずも無く。

終わったらシャットダウンなんて機能は搭載してないのでデフラグは諦めて歯医者へ。

片道約50分の距離を電車を駆使して移動、駅の出口で警官二人が何かと戯れているところを目撃。

「おー交番の前で、警察犬かな?」

よく見たら人間の女性でした。長い髪に頭をたれて膝をついてるから犬かと持ったわ。

暑さにやられたのか朝から酔っ払ってるのかは定かではないが。介抱されてたんだろうか。

さっきの事は忘れて「あーあ暑すぎだろ」と思いながら汗で服をべた付かせて目的地に到着。

院内の冷房に感謝しつつも、阪急の弱冷房車並かそれ以上の温度設定なので暑い事に変わりは無く。

治療中は殆ど治療台に寝そべってるので時間が経つほど汗が気になる。

今日は合計一時間と二十分ほど掛かったけどそのお陰で扇風機が欲しかったよ。

「すいません、あついんで扇風機ください」なんて流石のエルでもいえるはずも無い。


今日は根管治療した歯に銀場を使うための型取りをする日。

あーついにエルも銀歯デビューかーなんて訳の判らない事を考えながら治療を受ける。

ところで水が滴って冷たいので患者の頭の上に器具を持ってこないで下さい助手の方。


「歯の型をとりますねー。」

きた。奴だ。

この際歯に白くべた付くなにか柔らかくなったガムのようなものを形が取れるまで歯に押し付けられる。

これが気持ち悪いの何の。しかも目にタオルが被さっているのでどんなものか見えない。

それも「お口の中がにゅるにゅる祭りじゃ~」だけでは済まされない。

くっついてるので、剥がす時に歯が引っ張られて若干痛い。しかも一部が口の中に残る。

先週やってもらった後にうがいしたら白くべた付くなにかゼリーっぽいのが出てきたのは悪い思い出。

今日は口の中に残る事も無く、残りかすのようなものが出て来た程度だったのでまだましか。

今回は青色をしていたので「ああ、(先週キリン堂で買って一週間で食べ終わった)キシリトールガムか」と勝手に解釈。

ポジティブシンキングも時には大切だよね。


その後、手鏡とタオルを渡されて「口の周りを拭いてください」と言われる。

口を拭くのに鏡なんているだろうかと思いつつも取り合えず現在の歯の状態を確認してみる。

そしてやっと気付く、萌えさかる鼻毛。

いやん! はずかしっ。

鼻毛処理なんてここ最近全くやってなかったので通って以来ずっとこの調子だった訳だ。

洗面所に鏡はあるけど拡大してみる事は無いので案外気付かないもの。

なるほど、毎週これを見るに堪えかねて手鏡で気付くように促したんだね!

すいませんでした。

そいや数年前、散髪屋のおばちゃんに「かっこいいんだし鼻毛の処理くらいしたほうがいいよ。」

なんて言われたことがあったなあ。かっこいいどころか寧ろただの変人だけども。

鼻毛カッターでも買おうかなあ?


その後、差し歯は保険でやるか否かと言われたので差額を聞いてみた。

「銀歯だと大体2~3千くらいかな、保険外だと3万は超える。」

「保険でっ。」


治療時間80分に及ぶ汗と暇と根気との戦いは終わり、前回質問した集中治療について詳しい説明を聞かせてもらうことに。
 ※他の患者の予定を無視して、一人に対して付きっ切りで治療する事。

「結構しんどいよ(患者側が)。でも開口も機具で維持できるし最悪息してくれてたらいいよ。死にはしないし。

確かにその通りです。笑うしかない。

事前に一度に掛ける時間を決めて計画を立てる必要があるとのことなので、取り合えず一時間半で頼んでみる事に。

「えーと一回二回・・(通院回数)。一週間で二回これる?」

「二時間もらう日あるけど構わない?」

「うちは集中治療に追加費用はもらってないけど、一回キャンセルしたら以後の治療はお断りしてるから。」

地獄の一ヶ月が始まりそうだ。

かといって片道50分ほどの距離を電車を使って移動するのもあれなので、そのプランでやってもらう事に。

「これなら通院は5回くらいかな、因みに普通に通う分だと9回くらいだね。」

交通費=(260円*2)*4回+面倒くささと言う名のプライスレス。

エル、頑張る。

受付の人「では次回は2時間いただいてますのでうんたらかんたら。」

エル、がんばる。


そんなこんなで歯の治療を終えて帰路に着く。前に、靴を見たかったので駅近くをうろつく事に。

何時も利用する駅では無いけど昔は学校行く為にJRに乗っていたのでよく来ていた町。

前と大して変わってないなーなんて思いながらふと見つけたラーメン屋。

その看板にあのドラゴンボールのテンシンハンが「うまっ」という文字と一緒に描かれていた。なんだこれ。


見るものも見たので自転車を取りに向かうエル。そこで見つける不純物が沢山混ざってそうな金色の車。

車庫でそれを操作するパンピー女性に、外から話する夫と思われるパンピー男性。

(何だ一般ピープルか)よくそんな色の車買ったなあ、流石のエルもあれは嫌だなあなんて思いながら通りすがる。

自転車を回収して帰路に着く。道中で見つける「Pink Pussy」と書かれた看板。

どういう店だ? 住宅街だから危ない店じゃないと思うけども。


やっとこさ家に着いたエル。暑さと汗に負けてそのまま風呂へ。

しかし39度の湯船につかるのはもうしんどいのでシャワーだけで済ませる。

謎なのが、なぜか何時もシャワーが優先設定で41度になっていること。

親父は入院中だし兄は帰ってきてないので母親以外にありえない。

もう夏だってのに41度とか何考えてるんだろう?

かといって毎度毎度38度に設定するのも面倒なので、優先設定をオフにして規定の39度で使用。

39度でも暑いんだよなあ、風呂場に冷房つけれねえかなあ。

シャワーを終えて身体も乾かしてパジャマに着替え・・・・上着が無い。

上下セットで洗濯にだしたのに何故上着だけ無いのか。

自室のFitsとかかれた収納箱から適当に上着を回収する事に。皆出かけてて良かったわ。


その後は友人とAOMXで遊び、途中で喉が渇いたので一階に水分補給をしにいく。

居間、すずしっ!!

帰っていた母親が居間でTVをつけてエアコンつけて寝転んでました。まあエアコン以外は何時もの事。

前から思ったんだが自室じゃ駄目なんだろうか。他に誰かいるわけでもなし、自室にエアコンもTVもあるし。

よーわからんばい。こいつらのことは考えるだけ無駄だ。

こうしてエルは思考停止の海に延々と流されていくのであった。続く。
くそエルのHP
プロフィール

tkoolerel

Author:tkoolerel
執筆環境:1000*800
フォント:16

iherb:PVQ224

※コメントにURLが含まれる場合、
 告知無く削除する場合があります。

最新の恥晒し5件
分別されたエル
検索

月別
全記事
最新コメント5件